06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第553話 しらほしの涙!ルフィ遂に登場 

しらほしの涙!ルフィ遂に登場は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第553話です。
第553話 しらほしの涙!ルフィ遂に登場のストーリーのあらすじは、
しらほしの母、オトヒメ王妃暗殺の真犯人は、ホーディ・ジョーンズだったという、
ホーディ自身からの衝撃的な告白に、「知ってました」と答えたしらほし姫でしたが、
実は、母オトヒメ王妃が暗殺されたとき、当時ネプチューン軍のペットだった鮫のメガロが、
その一部始終を見ていたのでした。そしてその真実を、しらほし姫にだけ話をしていたのです。

ところが、母であるオトヒメ王妃の最期の、
「犯人がどこの誰であっても、私のために怒らないで。決して怒りや憎しみに心を取込まれないで」
という言葉を忠実に約束として守り、しらほし姫はひとりその秘密を胸にしまってきたのでした。

純粋なしらほし姫のその行動にジンベエは深く感動しますが、ホーディは、それを嘲り、
さらには、処刑の予告時刻を早めて、ネプチューン王の首をはねようとします。

ギョンコルド広場を見守る子供たちが、マダム・シャーリーに、麦わらの人は、
いつ魚人島を滅ぼすのかと訊ねます。
麦わらのルフィが魚人島を滅ぼしたら、自分達も困るが、ホーディたちも困る。
滅ぼされるなら、今がいいと子供たちが言い出し、大人たちもそれに賛同し、
ルフィを呼ぶ声が、ギョンコルド広場を包み込みます。

しかし、10万人の兵力と圧倒的な力を手に入れたホーディは、そんな民衆の声にひるむことなく、
ネプチューン王に手をかけ、とうとうネプチューン王の首を刀で斬り落とそうとします。
そのとき、しらほし姫も、ルフィに助けを請いました。

しらほしの願いを聞き届けたかのように、鮫のメガロの口の中からルフィが遂に現れます。
そして、今まさにネプチューン王の首を斬ろうとしているホーディに強烈な一撃を食らわせます。

ジンベエの計画よりもルフィの登場が早くなってしまったようですが、
ジンベエの指示を受けて、ナミはミラージュ(蜃気楼)で姿を消して天竜人の書状を奪い、
ロビンも、ネプチューン王たちを拘束する鎖の鍵を魚人たちから奪っていたのでした。
これで、何も心配をする要素がなくなりました。

そして、空からは、ネプチューン王のシモベ、クジラのホエとサニー号が飛んできます。
サウザンド・サニー号は、ガオン砲を広場に撃ち込み、そのスキに、ホエが、王子たちと、
ネプチューン王を乗せて救出します。

ジンベエとしらほし姫も解放され、広場にはサニー号が到着し、麦わらの一味が勢ぞろいします。
ギョンコルド広場をとりまく人々からは、ルフィに向かって、
「お前たちは敵なのか?それとも味方なのか?」と問いかけが浴びせられますが、
その問いに対してルフィは、「敵か味方かは、お前らが勝手に決めろ!」と答えます。

ついにルフィたちとホーディたちの全面対決となりそうです。

ここまでが、アニメ第553話、しらほしの涙!ルフィ遂に登場のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/312-0f189714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。