09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第294話 響き渡る凶報!発動バスターコール! 

響き渡る凶報!発動バスターコール!は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第294話です。
第294話 響き渡る凶報!発動バスターコール!のストーリーのあらすじは、
ついに、ロブ・ルッチのもとまで辿り着いたルフィですが、事態は悪化する一方です。

裁判所の前で衛兵達を食い止めていた巨人のオイモとカーシーも、5000人を越える兵力に、
ついに、衛兵達の攻撃を止めきれなくなり、倒され、拘束されてしまいます。
それによって、裁判所の中にいたパウリーたち職長やザンバイたちフランキー一家も、
裁判所になだれ込んできた衛兵たちによってロープで拘束されてしまいます。

CP9と戦う麦わらの一味も、フクロウとクマドリを倒したものの、
フランキーは、暴走したチョッパーによって地上へと叩き落されてしまいますし、
ゾロとそげキングは、そげキングを刀にしての三刀流では、戦いもままなりませんし、
頼りのチョッパーも、今は意志のない暴走するモンスターとなっています。

サンジは、あいかわらず動けないまま、ナミも、サンジ同様に脚を石鹸のようにされています。

それに加えて、ルフィがスパンダムたちのところまで迫ってきたことに腹を立てたスパンダムは、
CP9たちに文句を言うために子電伝虫の通信をするつもりが、もともとおっちょこちょいのため、
間違って、バスターコール発動のゴールデン電伝虫を押してしまいます。

ついに、ロビンの怖れていたバスターコールが、エニエス・ロビーを標的に発動されてしまった。

その事態は、スパンダムの持っていた子電伝虫によって島中に放送されることになりました。
事態は最悪です。しかし、スパンダムは間違いを訂正してバスターコールを止めることなく、
逆に、海賊を食い止められなかった衛兵達の無能さを罵り、自分の出世のためなら、
部下たちの命がどれだけ犠牲になろうと構わないと平気で言い放ちます。
その会話の内容は、子電伝虫を通じて島中の衛兵達、そしてCP9たちにも聞かれました。

その会話が、島に放送されていることを知ったロビンは、ルフィたちを含め島中の人々全員に、
今すぐにここを逃げるように呼びかけます。

スパンダムの言葉を聴き、そして、ロビンの呼びかけからエニエス・ロビーの危機を知った衛兵たちは、
パニック状態になって、一斉に島からの脱出のために逃げ始めます。

しかし、職長たちやフランキー一家、そして巨人たちはロープで拘束されたままです。
また、ロビンを目前のところまで迫ったルフィも、ロブ・ルッチの攻撃にあい、
ロビンのもとへはまだまだ到達できそうにありません。

ここまでが、第294話 響き渡る凶報!発動バスターコール!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/313-8f43c038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。