09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第305話 戦慄の過去!闇の正義とロブ・ルッチ 

戦慄の過去!闇の正義とロブ・ルッチは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第305話です。
アニメ第305話 戦慄の過去!闇の正義とロブ・ルッチのストーリーのあらすじは、
ロブ・ルッチという男の脅威とバスターコールという攻撃の非情さがあらわになります。

ルフィのギア3による巨人族の腕のようなパンチ、ギガント・ピストルによって、
壁もろとも吹き飛ばされて、海上まで飛び出してしまったルッチでしたが、
そのまま海に落ちれば能力者のルッチの敗北というところで、運良くバスターコールの
軍艦の1隻の甲板にルッチは落下します。

その頃、地下通路では、ルッチによって送り込まれた大量の海水によって、
ココロさん、ナミ、チムニー、ゴンベ、チョッパー、さらには、ゾロ、サンジ、ウソップも、
海流に飲み込まれてしまいます。
ゾロが通路の壁を斬ることで脱出をはかったのですが、地下通路の壁は厚すぎて斬れませんでした。

バスターコールの軍艦は、ためらいの橋にいるロビンを一時標的外として、
エニエス・ロビー全土を標的に無差別に砲撃を繰り返します。
中将のドーベルマンから、「あの男」が今回の作戦にかかわっているのならば、
ロビンのことは「あの男」に任せておけば良いと部下たちに説明がなされます。

あの男とは、ロブ・ルッチのことです。
ドーベルマン中将の話では、今から15年前、ある王国が海賊によって攻撃を受け、
さらには、兵士が500人も人質として取られてしまったことがあるという。
海賊たちは、人質の命と引き換えに王の座を要求した。
国王は、人質の身を案じて降伏寸前だったところに、世界政府はたったの一人の少年を送った。
その少年というのがロブ・ルッチだったのです。

王国に到着したルッチは、すぐに海賊の下へと赴き、自分も捕らえられ、人質のところへと
海賊の手によって連行されると、人質たちに、「これで人質は全員か」と確認するや、
人質を救出するどころか、500人の人質を皆殺しにしてしまったのです。
ルッチいわく、兵士でありながら、王国に危機を招いた兵士の弱さが罪だと。
闇の正義によっての制裁として、500人の兵士を全員殺してしまい、
人質を失ったため怒った海賊も、ロブ・ルッチたった一人で討ち取ったという。
その際に、背中に何発もの砲弾を浴び、背中にアザを作っただけで、少年一人で、
その事件をおさめてしまった。
これが、CP9史上、もっとも冷酷で最強と言われるロブ・ルッチの過去だったのです。
その最強のCP9が、今ルフィと戦っているわけです。

ルッチにトドメを刺すため、自分も軍艦に向かったルフィは、ルッチが落ちた軍艦で、
さらにルッチに攻撃をしかけます。ルッチもその軍艦で応戦します。

その報告を受けたオニグモ中将は、ルフィとルッチが戦う軍艦、4号艦を5秒後に、
一斉砲撃して沈めるよう指示を出します。
指示を出された部下は、味方が1000人乗っている軍艦を沈めることに異を唱えますが、
オニグモは、「一瞬の気の迷いで取り逃がした凶悪犯から、お前未来を守れるのか?」と、
異を唱えた部下も射殺して、攻撃をさせてしまいます。
この徹底した非情さが、バスターコールであり、その判断をし、実行にうつすために、
5人の中将がいるようです。

かくしてルフィたちの戦う軍艦は、周りの軍艦からの一斉砲撃を受けてしまいます。

ここまでが、第305話 戦慄の過去!闇の正義とロブ・ルッチのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/323-3d14a223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。