03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第306話 幻の人魚現る?薄れゆく意識のなかで 

「幻の人魚現る?薄れゆく意識のなかで」は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第306話です。
アニメ第306話 幻の人魚現る?薄れゆく意識のなかでのストーリーのあらすじは、
戦いの場である軍艦に、一斉砲撃を受けたルフィでしたが、なんとか無事その場を逃れ、
同じく無事だったルッチから、一旦姿を隠すことにします。

ギア3は、強烈なパワーを得る代わりに、それを使っていた時間分だけ、
身体が小さく縮んでしまうのでした。今の状態でルッチに攻撃されてはひとたまりもありません。

ためらいの橋の上では、恐怖から戦闘不能となったロビンを狙って、
スパンダムの象剣、ファンクフリードが襲いかかりますが、それをフランキーが身体をはって
受け止めます。1度は死んだも同然のフランキーは、ルフィたちを逃がすためならば、
この場で死ぬ覚悟のようです。
そのフランキーの覚悟を見て、そして、今はオハラのときとは違い、
仲間がいることに気づいたロビンも、身体の震えがとまり、戦線へと復帰します。

一方、エニエス・ロビー本島を正門へと向かっていたフランキー一家たちでしたが、
ついに正門に辿り着き、やっと脱出が出来るかと思いきや、正門前には、
ストロベリー中将率いる軍艦3隻が待ち構えていました。
巨人族のオイモとカーシー、そして横綱、ガレーラの職長とフランキー一家の危機です。
軍艦3隻による一斉砲撃の的となってしまいました。

ルッチから身を隠していたルフィのほうは、ルッチに見つかってしまい、ルフィもピンチです。
小さくなってしまった体では、到底ルッチに対抗も出来ません。
ルフィも、ルッチの標的となり、トドメを刺されそうになったそのとき、ルッチの動きが止まる。
ギア3での攻撃のダメージが、ロブ・ルッチの身体に残っていたのでした。

地下通路で海水に飲まれたゾロたちは、何も打つ手がないまま流されていきます。
このままでは、全員溺死です。しかし、奇跡が起こったのか、薄れゆく意識のなかで、
何者かによって、身体が引かれていることに気づきます。
どこから現れたのか、突如、人魚が出現し、ゾロやサンジたち、溺れるみんなを救出しようと
してくれているのです。

死なせやしないよ。と言って、みんなを海上へと向かって引いてくれる人魚は、
実はココロさんでした。ココロさんは、実は人魚だったようです。

ここまでが、第306話 幻の人魚現る?薄れゆく意識のなかでのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/324-b298b40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。