05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第307話 砲火に沈む島!フランキー無念の叫び 

砲火に沈む島!フランキー無念の叫びは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第307話です。
テレビアニメ第307話 砲火に沈む島!フランキー無念の叫びのストーリーのあらすじは、
フランキーとニコ・ロビンの手によって、護送船を奪うことに成功し、護送船の海兵は、
すべて二人によって船の外へと落とされました。
脱出のための船の確保は完了です。後は、仲間たちの到着を待つのみ。

その護送船に、ゾロたちを連れたココロさんが現れました。
孫のチムニーも知らなかったようですが、ココロさんは、白魚の人魚だったのです。
人魚という種族は、30歳くらいになると尾ひれが二股に分かれて陸上生活も出来るようになる
神秘の種族なのだとか。
ココロさんによって、麦わらの一味全員が救われ、ついにロビンとの再会を果たしました。
後はルフィの到着を待つだけです。

しかし、ためらいの橋の上に登って、エニエス・ロビーを見るゾロとウソップは、
目を疑うような狂気の光景を目の当たりにします。
本島全体が業火に包まれて、とても人の生きられる状態ではないにもかかわらず、
依然として一斉砲撃が続いているのです。

フランキー一家やガレーラの職長たちを心配するサンジでしたが、フランキーは、
あいつらは大丈夫だと強がってみせる。
そんなとき、軍艦の通信がフランキーたちのもとにも聴こえてきます。

本島正門前で、麦わらの一味の海賊約50名を確認したと。
仲間の生存を喜ぶフランキーでしたが、その報告に次いで、軍艦3隻による一斉砲火によって、
海賊たちは全滅、現状エニエス・ロビーの破壊は終了し、本島における生存者はゼロと、
仲間たちの悲報を告げる通信が聴こえてきたのでした。

フランキー一家、かえるの横綱、ガレーラの職長たち、巨人族の二人、そしてソドムとゴモラ、
全滅を告げる通信でした。これがバスターコールという攻撃の非情さです。
つい先ほどまで、共に戦ってきた仲間たちの死の知らせにショックを受けるナミたちでした。

エニエス・ロビーの完全破壊を完了した軍艦は、次はロビンを狙ってくるはず。
まだまだまったく光明が見えてきません。
一刻も早く、ルフィが戻ってここを脱出しないことには、残った仲間たちの命もありません。
子分たちの死の知らせに哀しみながらも、せめてルフィたちを救おうとルフィに声援を送る
フランキーでした。

ルッチと戦闘中のルフィは、再びギア2を始動させ、最後の勝負に出ます。

ここまでが、第307話 砲火に沈む島!フランキー無念の叫びのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/325-4fd842d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。