07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第312話 ありがとうメリー!雪に煙る別れの海 

ありがとうメリー!雪に煙る(けぶる)別れの海は、ONEPIECEアニメの第312話です。
アニメ第312話 ありがとうメリー!雪に煙る(けぶる)別れの海のストーリーのあらすじは、
無事安全な海域まで逃れることが出来たルフィたちですが、ウソップを探すルフィとチョッパー。
二人だけは、そげキングがウソップであることに気づかない。

また、メリー号には、ルフィたち以外誰もどこにも乗っていない。いったい誰が?
そして、誰がルフィたちを呼んだのか?何故ルフィたち麦わらの一味しか聞こえなかったのか?
謎が残りますが、ナミも、あの声はメリーの声だったと、そう思うのでした。

空島で出会ったメリー号の化身、クラバウターマンのことを思い出すウソップでした。

そのとき、前から巨大船が接近していることに気づく。ガレーラカンパニーの船でした。
すべてを奪い返して帰還したルフィたちに驚くアイスバーグでした。

ところが、ガレーラの船を前にして、いきなり真っ二つに壊れるメリー号。
うろたえるクルーたちに、サンジは、これが当然ではないかと言う。
元々メリー号は、もう走れないと宣告された船です。

しかし、諦めきれないルフィは、アイスバーグたちに修理を必死に頼む。
そのルフィの言葉に、「もう眠らせてやれ」と答えるアイスバーグ。

実は、カクによってアクアラグナの海に放出され、ボロボロになっていたメリー号を、
既にアイスバーグが修理をしていたのでした。
メリー号から「走りたい。もう1度だけ走りたい」という言葉が聞こえた気がして、
アイスバーグはメリー号を修理したのでした。

そして、アイスバーグにお礼を言って海へと出航していくメリー号を見て、
アイスバーグはまだ荒れる海に船を出してルフィたちを迎えにいくことを決意したのでした。

アイスバーグは、メリーの見事な生き様に、船の奇跡と賞賛しました。
その言葉に、ルフィも、メリーとの別れを決意します。

フランキーを含めた麦わらの一味が見守る中、メリー号を火葬にすべく、
ルフィは、メリー号に火を放ち、ここでメリー号を眠らせてあげることにします。
但し、海底は暗くて寂しいから、最後まで自分達が見守ると、ツライ気持ちで別れを告げます。

業火に包まれて燃えていくメリー号。そのとき、また奇跡が起こります。
空から雪が降り始めます。ルフィや仲間たちの心の中に、メリーとの楽しかった日々が甦る。
涙ぐむナミとチョッパー。そして、メリー号にお礼を言うルフィでした。

そして、メリー号がいよいよ燃え尽きるというときになって、さらなる奇跡が。
メリー号の言葉が、ルフィたちだけでなく、その場にいる人たち全員に届いたのです。
やっぱりルフィたちを呼んだのはメリーでした。
そして、エニエス・ロビーまで迎えにきてくれたのも、メリー号だったのです。

メリー号は、ルフィたちに言います。

ごめんね。もっとみんなを遠くまで運んであげたかった。
ごめんね。ずっと一緒に冒険したかった。
だけど、僕(メリー号)は、幸せだった。


それに対して、ルフィも、ロビンも、そしてもちろんウソップも涙します。
さらにメリー号は言葉を続けます。

今まで大切にしてくれてありがとう。僕は本当に幸せだった。キミ達がいたから。

このメリーの言葉に号泣するルフィでした。メリーとの悲しく、しかし感動的な別れでした。

ここまでが、第312話 ありがとうメリー!雪に煙る別れの海のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/330-d1bd49a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。