06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第135話 噂の海賊狩り!さすらいの剣士ゾロ! 

噂の海賊狩り!さすらいの剣士ゾロ!は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第135話です。
今回は、タイトルの通り、ロロノア・ゾロがメインのテレビアニメオリジナルストーリーです。

第135話 噂の海賊狩り!さすらいの剣士ゾロ!のストーリーのあらすじは、
とある島のとある酒場で、店中の酒を全部飲むと豪語する500万ベリーの賞金首ビリーと、
それを見て、戦いを挑もうかどうしようかと悩む、賞金稼ぎのジョニーとヨサクでした。
これは、ゾロが海賊狩りと呼ばれていた頃の話です。ルフィと知り合う数年前のことです。

その店にひとりの男が入ってきます。金がないが、飯を食いたいと言うその男は、
今は金がないが、賞金首を斬って金を作るから飯を食いたいと店の主に言うのでした。

その言葉に、賞金首のビリーが激怒し、早速大きな剣で攻撃を仕掛けてきますが、
その男は、持っていた剣でアッサリと受け止め、相手が賞金首であることを確認すると、
アッサリ倒してしまい、「これで金ができた」と飯を注文します。

それを見ていたジョニーとヨサクは、その男の強さに驚きますが、
最近噂の海賊狩りは、刀を三本持っていて、そのうち1本は白鞘の名刀ということ、
そして、人というよりも魔獣のような男という噂を聞いていたため、
その男が噂の男ではないと思い、先に目をつけていた賞金首を横取りされたと文句を言います。

もちろん、その男こそ、海賊狩りのゾロなのですが、刀は今、刀鍛冶に出していて、
代わりの刀を持っていたのでした。そして、ゾロ自身が賞金稼ぎをやっているつもりはなく、
自分は、鷹の目ミホークを倒して、世界一の剣豪になることが夢だと言う。
そこで、ゾロは、賞金首はジョニーとヨサクに渡すことにして、飯代だけおごってもらう。

世界一の剣豪になりたいと言うゾロを笑うヨサクでしたが、ジョニーのほうは、
昔の自分の夢を思い出していたのでした。何故自分達が賞金稼ぎになったのか、
それは、子供の頃に、山賊に村が襲われたとき、正義の味方のように現れて、
颯爽と山賊と戦う賞金稼ぎに憧れたからだったと。
後になって賞金稼ぎという生業があることを知るが、子供の頃は純粋に自分も強くなりたいと、
賞金稼ぎに憧れたことから、ジョニーもヨサクも賞金稼ぎになったのでした。

そんな昔に思いをはせているとき、今度は村の外れの牧場が、山賊ディックに襲われていると聴く。
ディックは1000万ベリーの大物賞金首です。山クジラのディックの異名を持つ山賊です。
本来小物狙いのジョニーとヨサクは、そんな大物には挑むことはないのですが、
ゾロの話で昔を思い出し、さらには、その山賊に立ち向かうひとりの少年ハリーの姿に、
昔の純粋だった頃に自分を重ね合わせて見てしまったジョニーは、ディックに挑むことにします。

賞金稼ぎではなく、正義の味方として戦いたいと言って挑んだジョニーでしたが、
その心意気に協力をしてくれることになった相棒のヨサクが、先ほどのビリーのことを、
その場で口にしてしまったため、ディックを怒らせてしまいます。
ビリーはディックの弟分だったのでした。

その頃、ゾロは、刀をメンテしてもらい、貸してもらっていた刀を返すのですが、
ビリーを斬ったときに、力を入れすぎて折れてしまっていました。
最近筋力がつき、刀のほうがゾロについていけず、すぐに折れてしまうのです。
それを刀鍛冶にも注意されたところでした。
刀の弁償をするために、また金が必要になったゾロは、ディックを倒そうとします。

ディックの暴れているところに到着したゾロでしたが、そこでさっきの賞金稼ぎが既に
戦っていたため、様子をうかがっていました。
しかし、ジョニーとヨサクはディックたちにはまるで相手にならないほど弱く、
今にも殺されそうです。
自分のために戦っていることを知る少年ハリーは、二人を助けようとしますが、
そこをゾロに止められます。戦うつもりがあるなら、自分に何ができるか考えろと。

ジョニーとヨサクは、ディックの子分たちにボロボロにされ、とうとうトドメを刺されそうです。
しかし、二人の命がついに危ないとなったとき、それをゾロが止めに入りました。

そうして、ジョニーとヨサクに、獲物を横取りしていいかと念を押すと、
さっそく戦闘態勢に入るゾロでした。頭に黒い手拭いを巻き、ジョニーとヨサクの刀を借りて、
三本の刀を構えるゾロに、ジョニーとヨサクはもちろん、ディックたちも相手がゾロと知ります。
しかし、多くの手下を従えるディックは、手下達にゾロを倒すように命令します。

ゾロは、刀に負担がかからないようにしなやかに、それでも一気にディックの手下達を、
あっという間になぎ倒します。
それに怒ったディックが大筒(大きな大砲)でゾロをしとめようとしたとき、
ディックの大砲にバケツで水をかけ、砲撃を止めたのが少年ハリーでした。
大砲が使えないディックにトドメをさしたゾロは、ハリーの協力もあり、村を救えました。

そのゾロの戦いぶりに惚れたジョニーとヨサクは、
ゾロを兄貴と呼び、しばらくの間、旅の友をさせてもらうのでした。

ここまでが、第135話 噂の海賊狩り!さすらいの剣士ゾロ!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/332-351d98ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。