09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第138話 島のお宝の行方!ゼニィ海賊団出撃! 

島のお宝の行方!ゼニィ海賊団出撃!は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第138話です。
今回でテレビアニメオリジナルストーリー「出撃ゼニィ海賊団」のラストストーリーです。

第138話 島のお宝の行方!ゼニィ海賊団出撃!のストーリーのあらすじは、
山を下って出撃してきたゼニィ海賊団の船に驚き、人質のウソップを手放してしまったため、
ルフィたちは自由に戦えるようになりました。そしてゼニィは念願の船出をすることができました。

海賊になったゼニィが海軍と戦えるようにと、ルフィがゼニィの船を海軍の軍艦に、
ぶつけて横付けにしてしまいます。
ところが、ゼニィは弱い上に、何も武器を持っていません。
ゾロに指摘されて始めてそれに気づいたルフィは、ゼニィを助けに行こうとしますが、
軍艦に飛んだとき、海に落ちてしまい助けることが出来ません。

ゾロはルフィを助けに海へと向かい、他の仲間はメリー号で救援に向かったのですが、
ゼニィはヤギたちを使って海兵たちと戦い、仲間のヤギが撃たれそうになったとき、
ゼニィはそろばんを使って攻撃して仲間を助けたのでした。

こうして海賊として戦ったゼニィでしたが、ついに心臓に負担がかかり、倒れてしまい、
ミンチー軍曹に捕まって、財宝のありかを言わないゼニィは殺されそうになりますが、
船に一緒にいたロビンがそのピンチを救い、ゼニィの命は危機を逃れ、後から到着した
ナミたちによってミンチー軍曹も捕らえることが出来ました。

そして、ミンチーも前にしてゼニィがナミに財宝の行方を教えてくれたのです。
ゼニィは海賊たちから借金のかたに巻き上げた財宝を大量に持っていたが、
それを仲間を集めたり船を買ったりするために現金に換えたという。
丁度そのとき、逆恨みした海賊に襲われ、この島に流れ着いたのだということです。
ところが、現金に換えたため、海賊から金は守ったものの、島で気づいてみたら、
現金(紙幣)は、すべて山ヤギたちに食べられてしまい、ゼニィは一文無しになったのです。
しかし、ゼニィは金の代わりにヤギという仲間を得られて、それが何よりの宝だと言いました。
その上、ルフィの言葉のおかげで出航することも出来て、ゼニィはもう少し生きていけそうです。

ゼニィは船の修理のために、再び島に戻り、ゼニィと別れを告げてルフィたちは出航します。
その前に、ミンチー軍曹をムーア大佐の船までぶっ飛ばしていました。
ムーア大佐からルフィたちに電伝虫で通信が入ります。

あまりにひどい行動に伍長が軍曹のことを大佐に報告したため、ムーア大佐も軍曹の悪行を知り、
その軍曹を引き渡してくれたルフィたちへの礼として、戦う場所はルフィたちが指定して良い。
ゼニィや財宝にも興味はないとムーア大佐は言いました。

そこで、ルフィたちは、ムーア大佐率いる9隻の軍艦のところへ行き、
ムーア大佐にルフィが指をさして戦いの場所を指定しました。
その場所とは、最初に通った、霧と岩礁と急な海流のある第一級危険地帯だったのです。

それによって、ムーア大佐の艦隊は、ルフィたちが戦うことなくすべて座礁してしまい、
ルフィたちは無事海軍から逃れることもできました。

ゼニィ海賊団とまたどこかの海で会えることを楽しみにして出航するルフィたちでした。

ここまでが、第138話 島のお宝の行方!ゼニィ海賊団出撃!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/335-3d268b34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。