06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第202話 包囲網突破!奪還ゴーイングメリー号 

包囲網突破!奪還ゴーイングメリー号は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第202話です。
第202話 包囲網突破!奪還ゴーイングメリー号のストーリーのあらすじは、
メリー号のある88ドックに到着したルフィたちを待っていたのは、
ドレーク少佐が率いる海兵たちの包囲網でした。

ドレーク少佐は、司令官のジョナサンから、対悪魔の実の能力者用に、監獄弾の使用も
許可されていたのでした。監獄弾とは、海楼石の仕込んである網で、悪魔の実の能力を封じます。

豪快に暴れていたルフィたちでしたが、ルフィが監獄弾で捉えられてしまい、身動きできない所へ
ナミたちが到着したのでした。

降伏を要求するドレーク少佐でしたが、そのとき、コバト先生が急に悲鳴をあげます。
そして、海賊の人質になっていると叫ぶのでした。ナミも便乗して人質のふりをします。
コバト先生の協力で、二人を人質と言うことにして包囲網を突破しようということになった。

ところが、ドレーク少佐も部下たちに手を回し、人質奪還とその後の総攻撃を企てます。
まずコバト先生が海兵に奪還され、ナミも奪還されそうになったところをナミは逃げます。
ところが、ナミが人質だと思っている海兵たちも、ナミを無視して攻撃をしかけようとした
そのとき、いきなりゴーイングメリー号が海へと動き出したのでした。

その混乱に乗じて、ルフィたちは全員メリー号に乗り込み、包囲網から逃れることができました。
もちろん、メリー号を動かしてくれたのは、メカオさんです。コバト先生の父親だったのです。
ウソップを逃したかったメカオさんは、娘の危機を救うという名目で、船を動かしたのでした。

ひとり要塞に取り残されていたロビンも、正体がばれたことを察して、海兵を数名倒し、
要塞の地図を奪ってメリー号へと合流してきました。
ロビンのおかげで、逃げる術もわかりました。メリー号は1箇所しかない海門に向けて、
一路脱出をはかります。

海門を目前にして、問題が発生します。
海門を砲撃で突破する予定だった麦わらの一味ですが、
砲弾や火薬など、すべて海軍によって没収されていたのです。
これでは海門を破壊する術がありません。

ですが、そこはルフィが策を考え、メリー号に向けて集中砲火された砲弾を、
ゴムゴムの風船で、すべて海門へとはじき返し、海軍の砲弾を利用して海門を破壊します。
後はさっさと逃げるだけですが、ここでまた問題発生です。

やっとナミが気づいたのです。
砲弾などと一緒に、空島から持ち帰った財宝(黄金)も海軍に奪われていることに。

ここまでが、アニメ第202話 包囲網突破!奪還ゴーイングメリー号のあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/341-2735e1d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。