08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第143話 そして伝説が始まる!いざ虹の彼方へ 

そして伝説が始まる!いざ虹の彼方へは、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第143話です。
そして今回が、テレビアニメオリジナルストーリー「虹の彼方へ」の最終回です。
テレビアニメ第143話 そして伝説が始まる!いざ虹の彼方へのストーリーのあらすじは、
レインボータワーは、虹色の霧のほうに向かって倒れると、先が伸び始め、先端は、
エイプスコンサートへと到達しました。

中はコンベアになっており、ウエットンの部下たちによってエイプスコンサートの中の財宝が、
次々と運び出されていきます。

一旦は外へ出たルフィとラパヌイでしたが、仲間の危機だと思い、レインボータワーの中を、
エイプスコンサートへと向かいます。

しかし、レインボータワーの先端部分にはウエットンがおり、ルフィともめ始めます。
追われることなく、金品財宝を手に入れることのできる権力に取り付かれたウエットンは、
海賊の夢を語るルフィと気が合うはずもなく、あらかた財宝の回収も終わっていたため、
ルフィたちをエイプスコンサートに残したまま、さらには、息子のフィリップや、
孫のレイク、元部下のイアンもまだ中にいたにもかかわらず、レインボータワーを爆破し、
自分ひとりが外の世界へと逃れてしまいました。

ルフィはラパヌイに連れられて、仲間たちの待つメリー号まで戻ることは出来たのですが、
もう外の世界へと戻る術をなくしてしまいました。

ロビンがレインボーミストの小説に脱出方法も書かれているはずと探すのですが、
最終巻に続くというところまでしか書かれておらず、最終巻はメリー号にはありませんでした。

そのとき、ラパヌイが夕日の光を発見します。
先ほどルフィと一緒にさまよったとき、同じように光を目指して外に出ることができたため、
そこへと向かおうとしますが、風もなく進むことが出来ません。

風を起こせば、脱出できると知ったラパヌイは、ひとり海に飛び込み、
自分達が基地にしていた軍艦を爆破すると言って去って行ってしまいます。
仲間たちを助けるために、ひとり犠牲になろうとするラパヌイを、イソカたちもほおっておけず、
子供達は残った4人もラパヌイの後を追ってしまいます。
イソカは、ヘンゾに必ず自分たちもここを脱出してルルカの街に帰ることを約束して去りました。

軍艦の爆発によって風を受け、虹色の霧の中から脱出できたルフィたちですが、
そのときには、虹色の霧は島の上空へと移動してしまっていたため、
メリー号は空から、海へと戻ることになってしまいました。
そして、その際に、捻じ曲がった時空は、市長ウエットンの屋敷を全財産ごと吸い取って、
どこかへと消え去ってしまいました。

無事、外の世界へと戻ることが出来て、サンジとチョッパーとも再会したルフィたちですが、
その場に、あの海軍、パスクワ少佐たちがまた現れます。海賊を捕らえにきたと。

ウエットン市長の息子フィリップが、少佐に助けを求めますが、
少佐は、ルフィたちよりも、フィリップが指にはめている指輪に注目します。
その指輪がエイプスコンサートから持って来たものと知ると、政府が没収すると言い出します。

それに対して怒ったのが、市長のウエットンでした。
エイプスコンサートから運び出した財宝もすべて政府が没収すると言ったため、
ウエットンは、「元海賊だから」財宝は渡さないと。
これを自供とみなし、パスクワ少佐たちは、ウエットン市長を海賊として捕らえてしまった。

パスクワ少佐こそ、あのラパヌイだったのです。
そして隣にいた老女の海兵はイソカ、他のメンバー、ロンゴ、アキビ、プカウも海兵となって
ヘンゾの前に再び現れたのです。

ラパヌイたちは、あの爆発で同じように霧の外へと出ることが出来たようなのですが、
そこは50年前の世界だったとのこと。
そして、今は権力を持ってしまったウエットンを捕まえるため別の権力を手に入れるべく、
海軍将校となるために、50年の歳月を費やしてしまったのだとか。

こうして再会を果たしたパンプキン海賊団でした。
ルフィたちは、海賊でありながら、海軍将校であるパスクワたち5人に敬礼されながら、
新しい航海へと旅立ったのでした。

そして、もちろん、ロビンが読んでいたレインボーミストという小説の著者はラパヌイです。
その最終巻は、まだアラバスタの宮殿に残っており、
レインボーミストの最終巻には、自分達を救ってくれた英雄として「ルフィ海賊団」の名前も、
記されていたのでした。

ここまでが、アニメ第143話 そして伝説が始まる!いざ虹の彼方へのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/350-ac391c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。