07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第291話 ルフィ親分再び!夢か現か富くじ騒動 

ルフィ親分再び!夢か現(うつつ)か富くじ騒動は、ONEPIECEアニメの第291話です。
第291話 ルフィ親分再び!夢か現(うつつ)か富くじ騒動のストーリーのあらすじは、
グランドジパングの時代劇物語で、テレビアニメオリジナルストーリーです。
ルフィ親分捕物帖です。配役は前回までと同じです。

今回のアニメは、2006年12月24日(クリスマスイブ)に放映されたものです。

何やら忙しそうに町を走る青鼻先生(チョッパー)と、誰かを探して走る道化一家の手下たち。
慌しい年の瀬です。ルフィ親分は、いつものように風車にいたのですが、代金のことを言われて、
さっさと逃げ出して、おリカのところへと向かいます。
おリカのところでは、とっつあんが病気で寝込んでいるのですが、チョッパーも忙しそうで、
診てもらうこともできません。

ルフィ親分は、リカを遊びに行こうと誘いますが、とっつあんを置いていくのをためらうおリカです。
しかし、母親もいますし、とっつあんも行ってこいと言ったらしく、一緒に遊びに行きます。

すると、途中で、おリカは、倒れたラクダを発見します。そういうのをほおっておけないおリカは、
ラクダを家に連れて帰ると言い出しますが、家ではとっつあんが病にふせっているため、
ルフィ親分の考えで、おナミの経営する料理屋風車へラクダを連れて行ってしまいます。
ラクダは当然あのマツゲです。

一方、道化一家は、誰かを探しているようです。
この町に来てから、ルフィ親分のせいでめっきり稼ぎが少なくなってしまったため、
そいつを見つけて取り立てをしないことには、年が越せないと言うバギーですが、
そうかと言って、ルフィにやられたままでこの町を去ることも気が許さないようです。

バギーたち道化一家が探していたのは、実は、おリカのところのとっつあんだったのです。
誰かの借金の連帯保証人になったらしく、証文もあり、バギーたちから借金の取立てをされるため、
連れて行かれそうになるとっつあんを救おうとするおリカにルフィ親分も手を貸して、
道化一家のカバジたちを倒してしまいます。

その頃、風車のラクダも元気になったようで、餌をやろうとしたのですが、
残り物で作った餌を食べようとせず、高級食材を使った出前用の料理を食べてしまいます。
ふつうここでおナミが激怒するはずなのですが、今日は何故か寛大でした。
それと言うのも、おナミは年末の富くじを買っており、その番号がラクダの1536番という
ラクダにちなんだ番号だったため、縁起をかついでラクダに優しいナミだったのです。
そして今日はその富くじの当選番号の発表の日だったのですが、なんとそのおナミの富くじは、
3等に当選し、当選金はなんと100万両ベリーだったのです。

やっぱり幸運を運んでくれるラクダだったと大喜びして、好きなものを何でも食べさせてあげると
ラクダに言うナミでしたが、それを聞いたラクダが食べてしまったのは、
当選した富くじだったのです。せっかくの当選もこれで無駄になってしまい大騒動です。

そんな様子をのぞいていたのはロビンです。
そしてロビンは、何か文句を言いながら城へ戻ろうとするとき、不審な様子を感じて、
バギーと奉行の密会をのぞき見します。

道化のバギーは、北町奉行のミスタースリーに賄賂を渡し、証文のある借金のかたに、
おリカを連れ去ろうとすれば、当然ルフィ親分が邪魔をするだろうから、
今回は証文もあることなので、罪のない人(バギー)に乱暴をするルフィ親分を
おかっぴきの職から外してもらうように奉行に頼んだわけです。

そして予定通り、とっつあんの借金の代わりに売り飛ばされることになり連れ去られたリカ。
それを知ったルフィ親分は、現場に駆けつけ道化一家をぶっ飛ばしてしまいますが、
罪のない一般市民に暴力をふるったということで、一緒にいた奉行に解雇されてしまいます。

そこにビビの登場です。水戸黄門のようなイメージでその場に登場し、奉行の悪行を暴き、
奉行をしかりつけます。ビビは将軍コブラさまの姫君だからです。
こうして悪徳奉行は処罰されることになったのですが、その場にとっつあんも駆けつけます。

しかし、とっつあんとは、リカの父親ではなく、前回までのシリーズで、
いつも風車のカウンターで酒を飲んでいたあのパンダマンのことでした。

みんなからとっつあんと呼ばれているパンダマンは、風邪をひいて倒れているところを、
そういうのをほおっておけないおリカが家に連れ帰り、看病していたのでした。
ということは、おリカを連れ去ったバギーは単なるひとさらいということになり、
いつものように、ルフィ親分によってはるか彼方へとぶっ飛ばされるのでした。

そしてその夜、風車では、異国の祝いでクリスマスイブというものを行っています。
そこにはビビも来ており、ラクダは殿様のペットのマツゲだったと判明します。
そして、行方不明になって探しており、見つけた人には報奨金100万両ベリーがもらえると。
やっぱり幸運を運んでくれたと大喜びするおナミでしたが、おリカは、また行き倒れを
風車に連れてきていたのでした。その行き倒れとは坊さんのゾロです。

ゾロも加わって、クリスマスイブの宴の始まりです。
青鼻先生(チョッパー)がいてくれたら、動物の言葉がわかるためマツゲのこともすぐに
わかったはずなのですが、チョッパーはトナカイです。
つまり、今日はクリスマスイブなので、トナカイは忙しいということだったのでした。

以上が、第291話 ルフィ親分再び!夢か現か富くじ騒動のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/359-ef896bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。