03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第313話 破られた安息!愛の拳を持つ海軍中将 

破られた安息!愛の拳を持つ海軍中将は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第313話です。
アニメ第313話 破られた安息!愛の拳を持つ海軍中将のストーリーのあらすじは、
ウォーターセブンに戻ったルフィたちは、それぞれの想いで、動いていました。
また、ウォーターセブンの街の人々も大変です。
事件から2日後、ゾロは失った愛刀、雪走をひとり眺めています。
今回のアクアラグナは異常な規模だったため、裏町は壊滅状態で手に負えない状態でしたが、
ガレーラの職長パウリーが率いる船大工たちが、パウリーの指揮のもと町の修復をしてくれる。

1番ドックでは、ルフィたちを暗殺犯として追い掛け回した人々が謝罪をしたくて押しかけ、
中では、ルフィとフランキーの喧嘩のときに倒されてしまったクレーンを、
巨人のオイモとカーシーが立て直してくれています。ウソップも巨人たちと一緒です。

アイスバーグさんは、フランキーから設計図は燃えたことを聞きますが、
アイスバーグさんの気がかりは、それよりも、今回のアクアラグナの規模のようです。
このままではいつ島全体が海に飲み込まれてしまうかと市民に不安が走っている。
それを回避するために、島全体を船にして海に浮かべてしまおうと計画し、図面をひいていた。
それを聞いたフランキーは、そんなことが可能なのかと驚きますが、
二人の偉大な師匠トムさんの「男ならドンとやれ」という言葉をアイスバーグに言われ、
二人で偉大な師匠を偲び、そして師匠の偉大さを再確認するのでした。

ルフィはと言えば、ガレーラカンパニー内に作られた仮設住居でサンジの作った料理を食べている。
そこにココロさんとチムニー、ゴンベ、そして横綱まで尋ねてきますが、
麦わらの一味は全員疲れ果ててこの2日間寝続けていたようです。

やっとルフィも起きだしたかと安心するココロさんでしたが、実はルフィはまだ寝たままです。
戦闘の後に食いっぱぐれるのが嫌で、寝たまま食べる技を身につけたのだとか。
しかし、寝ているとは言ってもそんな様子で元気そうなルフィたちの様子に喜ぶココロさんですが、
一方、部屋の片隅では、ナミがこれ以上ないほどに落ち込んでいました。

アクアラグナによって裏町が壊滅状態になったため、荷物はすべてなくなり、
1億ベリーのお金も、ベルメールさんのみかんもなくしてしまい、先の航海も出来ません。

しかし、ココロさんの登場とともに、事態は良い方向へ動き出していたのでした。
ココロさんの次にルフィたちを訪ねてきたのは、ガレーラの船大工たち。
彼らは、ルフィたちがアイスバーグさんの暗殺犯だと思い込んでいたときに、
ルフィたちの荷物をすべて没収して差し押さえていたのです。
ですが、それによって、アクアラグナにさらわれることなく、無事、すべての荷物も、
1億ベリーのお金も、ベルメールさんのみかんもナミの手元へと戻ったのでした。

外出していたロビンとチョッパーも戻ってきました。ソドムとゴモラの往診に行っていたのです。
ゴモラの目も、安静にしていれば見えるようになるという。
二人も荷物が戻ったことに嬉しそうです。

さらには、そこにフランキーまで現れます。モズとキウイを伴って現れたフランキーは、
ルフィたちに重要な話があるという。

いきなり唐突に始まるフランキーの話は、とある木のことでした。

人々が戦争を起こし、砲弾が降り注ごうと、そして人々が死に絶えて、島が滅ぼうとも、
決して倒れることなく存在する丈夫な木が世界に数本あるという。
その木の名前は宝樹(ほうじゅ)アダム。人々はその木のもとにまた町を作り国を作ると言う。

その木の木材が、ごく稀に裏のルートで売りに出されることがあるらしいのですが、
2億ベリー近くする高額なものなため、フランキーはそれがどうしても欲しくても手が出なかった。
ところが、丁度ルフィたちが、3億を抱えて現れたため、その2億ベリーをウソップから奪い、
フランキーは奪った金で、宝樹アダムの木を買ったのだと言う。

フランキーは、トムさんのことがあってから、もう二度と船は作らないと心に決めたそうですが、
気づけば船の図面をひいていたそうです。結局師匠の背中を追っていたわけです。
そして、フランキーの夢は、その世界一頑丈な木、宝樹アダムを使って、
どんな荒波をも越えていける夢の船を作ることだということでした。

つまり、材料は手に入った。船を作るべき図面ももうある。
だから、船が完成したら、その船をルフィたちにもらって欲しいと言うのでした。

今回の一件で、フランキーはルフィたちをおおいに気に入ったため、
その船を自分が惚れた麦わらの一味に乗ってもらえるならば、そんな嬉しいことはないと言う。
さらに、世界で唯一、グランドラインを制覇できた船、海賊王ゴール・D・ロジャーの、
オーロジャクソン号も、トムさんの手によってその宝樹アダムを使って作られたそうです。

元々ルフィたちのお金とは言っても、実質材料費だけで、最強の船を手に入れることが
ルフィたちは出来てしまったわけです。
結果オーライではありますが、あの2億ベリーは最高の結果をもたらしてくれたわけです。

大喜びするサンジやナミ、チョッパーですが、ルフィはまだ寝たままです。
しかし、嬉しい知らせばかりではなかったようです。

ウォーターセブンに海軍の軍艦がやってきたのです。
しかも、その軍艦は、海軍の英雄で、あのゴール・D・ロジャーと渡り合ったという、
伝説の海兵、ガープ中将の軍艦だということです。

海軍は、船大工たちが止めるのも聞かず、ルフィたちのいる仮設住居へまっすぐ進みます。
いち早く海軍の到着を知ったゾロは、迷子になって知らせが間に合いません。

仮設住居に到着したガープ中将は、いきなり拳骨で壁を壊すと中へ入り、
驚く麦わらの一味やフランキーたちの前で、まだ寝ているルフィをいきなり殴ります。

海賊王と渡り合ったというのも確かなようです、サンジとフランキーが止めようとして、
ガープの動きについていけなかったのです。
さらには、打撃が効かないはずのルフィが痛いと言って起きてしまったのです。

ゴム人間に打撃が効くはずがないだろうと言うサンジに、ガープ中将は、
「愛ある拳は防ぐ術なし」などと言っています。恐るべきガープ中将の力ですが、
驚くのはこれからでした。

目を覚ましたルフィがガープ中将を見てひと言「じいちゃん」と言ったからです。
ガープ中将は、なんとルフィのじいちゃん(祖父)だったのです。
だから、あの大将青キジも知っていたのですね。

ここまでが、第313話 破られた安息!愛の拳を持つ海軍中将のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/362-f07205ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。