09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第340話 天才と呼ばれた男!ホグバック現る! 

天才と呼ばれた男!ホグバック現る!は、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第340話です。
アニメ第340話 天才と呼ばれた男!ホグバック現る!のストーリーのあらすじは、
はからずもスリラーバークに上陸してしまったナミたち3人は、この世のものと思えない、
怖ろしい体験の連続に恐怖することになります。

ナミ、ウソップ、チョッパーの三人は、ヒルドンの案内で、ドクトル・ホグバックという男の
屋敷へと馬車で向かうことになりました。
チョッパーの話では、ホグバックとは、世界的に有名な天才外科医で、その天才的なオペで、
数え切れないほどの人の命を救い、医師としての地位や名誉のすべてを手にした男だとか。
ところが、ある日突然姿を消してしまったため、誘拐事件だと一時医学会は騒然となった。
そして、その後の捜索でもホグバックを発見することは出来ず、いまやホグバックの名前は、
医者たちの間ではなかば伝説となっているほどの男だということです。

この島、スリラーバークにはその天才ホグバックが住んでいるということなのです。

しかし、ホグバックの屋敷に向かうための馬車を引く馬もまともな馬ではなく、
ケンタウロスのような馬が馬車を引いていますし、ナミが外を見ると人の顔をしたライオンを
発見してしまいます。驚くナミに、今度は3人で外を確認してみると、まさに怪物としか
言いようがないようなこの世のものと思えない不思議な生き物たちでいっぱいでした。

身の危険を感じたナミは、ヒルドンに岸のほうへと引き返すように頼むのですが、
使用人にその旨を伝えてくると言って馬車を降りたヒルドンは戻ってきませんでした。
それどころか、馬車は、墓場の中に置き去りにされ、馬もいなくなってしまっていました。

さらには、墓地の地面の中からは、死者たちが甦って襲いかかってくるのです。
ゾンビの大群に襲われるナミたちでしたが、ゾンビの弱点と思われる火を使って、
ウソップが火炎星を発射してみると、確かに予想以上にゾンビたちには効果がありました。

火にひるんだスキに、ナミたちはホグバックの屋敷を目指して走り出します。
もはや岸に戻るよりも、屋敷のほうが近く、墓場でゾンビに襲われるよりはマシだと思われた為、
三人は、ホグバックの屋敷へと到達しました。

屋敷の中には井戸があり、今度はその井戸の中から顔に大きな傷のあるひとりの女性が現れ、
何故かウソップだけに向かって皿を投げて攻撃をしてきます。
そして、ナミとチョッパーは屋敷に入って良いと言うのですが、ウソップは駄目だと言う。

しかし、そこにホグバック本人が現れ、ウソップも含めて三人を屋敷に招待してくれたのです。
ウソップに向かって皿を投げたのは、使用人のシンドリーと言い、昔、自分を雇ってくれた
屋敷の主の愛を確かめようと家宝の皿を割ったところ首になったことで皿を憎んでいるとか。

そして、ホグバックは、確かにチョッパーの言う天才外科医のホグバックだったのですが、
ホグバックにゾンビのことを聞いて見ると、ホグバックも「あれ」が何かわからないという。
しかし、ホグバックが言うには、あれが何かわからないが、ゾンビと言えば人は怖がるが、
死者の蘇生と考えたら、それは、人類にとっての夢ではないか。
誰でも身近に生き返って欲しい人の一人や二人はいるはずだと言う。
だから、ホグバックはそんな人類の夢を叶えるため、あれが何なのかを研究しているそうだ。

ですが、死者の蘇生などということは神をも怖れぬ邪道の医学であるため、
自分は人知れず、この不思議な島で、ゾンビを研究しているとホグバックは説明しました。

それを聞いたチョッパーは、ますますホグバックを尊敬するのですが、
そのホグバックに、ウソップが自分達よりもひと足先に、しゃべって動くガイコツが来なかったかと
聞いてみると、何故かホグバックの顔色が変わったのでした。

顔色を変えたというよりも、明らかに動揺しているようなのですが、
ホグバックは何も知らないと答えます。

ここまでが、第340話 天才と呼ばれた男!ホグバック現る!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/378-602b2e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。