09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第347話 残る騎士道!ナミを守る裏切りゾンビ 

残る騎士道!ナミを守る裏切りゾンビは、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第347話です。
テレビアニメ第347話 残る騎士道!ナミを守る裏切りゾンビのストーリーのあらすじは、
妙な動物のようなゾンビたちに囲まれたナミたちを、犬のようなペンギンが守ります。
犬ペンギンの言動は、まるでサンジそのものです。蹴り技も、発言もサンジそのもの。
ところが、ナミが誰かさえもわかってはいないようです。

アニマルゾンビたちも、犬ペンギンの強さに驚きます。まるでジェネラル・ゾンビ並だと。
理解できない状況ではあっても、ナミを守ろうとする裏切りゾンビの犬ペンギンのおかげで、
何とか無事にいたナミ、ウソップ、チョッパーの三人でしたが、そこに、今度は、
あのジェネラル・ゾンビのローラと透明人間アブサロムが現れます。

ローラは、ナミに攻撃を仕掛けてきますので、ローラの持つ斧を蹴り壊してナミを守った
犬ペンギンでしたが、何故かローラに攻撃をすることなく、ローラにやられてしまいます。
イボイノシシのメスのローラを見て、「たとえ死んでも、女は蹴らん」と言う犬ペンギンは、
まさに、サンジの騎士道そのものです。

そのままローラに追われて逃げる三人を、アニマルゾンビたちも追いかけようとしますが、
それをアブサロムが止めます。そして、ナミを追いかけようとするアブサロムに、
再びナミを守ろうとする犬ペンギンが立ちはだかりますが、
アブサロムが片手を犬ペンギンに向けたかと思うと、まるでフランキーの空気砲のように、
犬ペンギンが弾き飛ばされて壁に激突します。
透明人間で、ライオンの顔、さらにこの攻撃、いったい何の能力者なのか?

ローラの狙いはナミひとりですから、ウソップやチョッパーは無視してナミを追いかけますが、
このままでは、ナミが危ないと、ウソップとチョッパーが協力してローラを止めますが、
圧倒的なローラのパワーに、二人がかりでも止めることが出来ません。

その頃、別の渡り廊下では、ロビンとフランキーがピンチを迎えていました。
巨大クモとジェネラル・ゾンビの大群による挟み撃ちです。
島の入口でサニー号を絡めたクモの巣もこの巨大蜘蛛スパイダーモンキーの仕業です。

まともにやりあっても勝ち目はないと判断したフランキーは、強硬手段を取り、
自分達の居る渡り廊下そのものを破壊してしまいます。
それによって、巨大蜘蛛も他のゾンビもすべて下へと落下していきました。

ロビンとフランキーは、ロビンの能力によって、手を翼のように咲かせたロビンは、
5秒くらいだけ飛ぶことが出来るため、フランキーの伸びる右手とのあわせ技で、
何とか落下せずに済みました。

しかし、ゾンビたちは当然立ち上がってきます。すぐには追いついてこないでしょうが、
あの巨大クモだけは別です。クモの巣を作って追いかけようとしますが、そのとき上空から、
ひとりの人間が降って来ます。

ここまでが、第347話 残る騎士道!ナミを守る裏切りゾンビのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/385-afd67f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。