07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第525話 深海で遭難 逸れた麦わらの一味 

アニメOnePieceの第525話は、深海で遭難 逸れた麦わらの一味というタイトルです。
タイトルどおり、クラーケンを手なずけようとしてサニー号を離れたルフィたち、
ルフィ、ゾロ、サンジと逸れて(はぐれて)しまいます。

2年の修行の成果で、ルフィたちは三人とも、とんでもなく強くなり、
最後はルフィのギアサードを武装色の覇気で硬化したエレファントガンで、
クラーケンにとどめを刺すのですが、クラーケンがいなくなり、クラーケン、そして、
ルフィたち三人、サニー号ともに、下降流の急流に飲まれ、深海へと一気に下降します。

クラーケンを倒したときに、クラーケンによって捕らえられていた
服を着た巨大な鮫にお礼をされたように見えた直後のことでした。

サニー号は、ナミの指示でなんとか舵を取り、一気に7000メートルの深海と思われる
暗い海底にたどり着くのですが、ルフィたち三人の姿が見えません。

サニー号は、巨大毒くらげや巨大魚から、少しだけクード・バーストをして逃げたり、
大変な思いをしながらも、ルフィたちを探します。
そのとき、ブルックが、濡れ髪のカリブーがいなくなったことに気づきます。

外は巨大魚や岩礁など危険がいっぱい、ルフィたちとは逸れ、さらに船内にも脅威が。と、
思ったそのとき、樽の中に潜むカリブーをフランキーが発見して、樽に閉じ込めます。
カリブーはロギア系(自然系)の悪魔の実の能力者だったようです。

これで一難去ったのですが、その後も、海底の火山地帯に迷い込み、
様々な海底の巨大生物に狙われて、サニー号をコーティングしているシャボンの空気が、
クード・バーストを使うとなくなっていく為に、あまり使えないにもかかわらず、
使わざるをえずに、少しずつ使いながら逃げていると、今度は何やら光る物体が。

その光る物体に近づいてみると、その光の正体は巨大なあんこうでした。
あんこうに食われそうになるところを危うく逃れたと思ったら、今度は、
海坊主のような巨大な人のようなバケモノが登場です。

まさに一難去ってまた一難の状態で、さらに追い討ちをかけるように、
海坊主の背後から、ゴーストシップ(幽霊船)のような船が接近してきました。

ルフィたちはどうなった?サニー号は大丈夫か?
というところで、OnePieceの第525話は、深海で遭難 逸れた麦わらの一味は終了です。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/39-afe8ed15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。