03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第356話 ウソップ最強?ネガティブは任せとけ 

ウソップ最強?ネガティブは任せとけは、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第356話です。
テレビアニメ第356話 ウソップ最強?ネガティブは任せとけのストーリーのあらすじは、
ウソップとサンジが下に転落したため、ルフィ、ロビン、チョッパーの3人は、
3人でモリアのところへと向かうことになった。チョッパーの道案内でダンスホールまで来たとき、
そこで、ホグバックとシンドリーに会う。ホグバックたちはチョッパーとロビンに任せ、
ルフィはひとり、モリアのところへと向かうことにしました。

モリアはまだ冷凍室に座っていましたが、流石に王下七武海です。ルフィが戻ってきても、
まったく同様することなく、「なんだ。お前か」とつまらなそうにルフィを眺めるだけでした。

医者としてホグバックを許せないチョッパーは、ホグバックは自分が倒すと言ったのですが、
チョッパーとロビンの前に、ゾロとサンジのゾンビが現れます。これは強敵になりそうです。

一方、下へと落下したサンジたちは、そこでオーズに遭遇しますが、オーズは麦わらの一味など
まるで眼中になく、「海賊王になる」と言いながらどこへともなく行ってしまいます。
オーズの落下によってメインマストのほうへと行く通路がなくなってしまいましたが、
そこはフランキーがあっという間に廃材で橋を作ってしまい、ゾロたち4人はペローナの部屋へと
到達します。しかし、そのペローナこそ、あのゴーストを操る女です。

ペローナはホロホロの実の能力者、霊体人間だと言う。あのゴーストは対処できないと、
4人は逃げ出そうとしますが、あっという間にゴーストに身体をすり抜けられて、
その場に膝をついてネガティブになってしまいます。
それを見たペローナは、動物のようなワイルドゾンビたちに捕らえるように指示をしますが、
4人を捕らえにきたゾンビたちが次々と浄化されてしまいます。

新たな者の助けがあったかと思いきや、ウソップの仕業でした。
ウソップは元々ネガティブなため、ネガティブゴーストが効かないのでした。

人はただ生きているだけで前を向いているはず。ネガティブホロウ(ゴースト攻撃)が、
効かない人間がいるわけがないと言うペローナでしたが、ウソップが確かに効かないことを知ると、
逆にウソップを励ますペローナでした。

ゾロ、サンジ、フランキーの三人ではペローナに勝つ術がないため、そこはウソップに任せ、
三人はナミとブルックの救出へと向かうのでした。

ここまでが、第356話 ウソップ最強?ネガティブは任せとけのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/394-f82e4b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。