04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第367話 奪えダウン!!必殺麦わらドッキング? 

奪えダウン!!必殺麦わらドッキング?は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第367話です。
テレビアニメ第367話 奪えダウン!!必殺麦わらドッキング?のストーリーのあらすじは、
スペシャルゾンビ、オーズに対して再戦を挑む麦わらの一味でしたが、あの巨体に、
ルフィの俊敏な動き、なかなか簡単に倒せる相手ではありません。

ゾロの提案で、投げ飛ばす(ダウンを奪う)ことになるのですが、そこでフランキーが、
取った作戦は、タクティクス15(フィフティーン)パイレーツ・ドッキングでした。

チョッパーとウソップ以外は、その作戦を知らず、ゾロとサンジはフランキーに言われるままに、
フランキーの両足をそれぞれが支えます。
そして、完成したのが、パイレーツ・ドッキング6、ビッグエンペラーだったのですが、
ドッキングと言っても、単にフランキーを中心に一味が組み合わさっただけで何の意味があるのか、
まったくわかりません。さらには、左手になるはずのロビンがドッキングを拒否します。

「人として恥ずかしい」と。

その言葉に、ショックを受けるフランキーたちと、何故かオーズもショックを受けます。
ドッキングと聞いて、ルフィと同様の性格を持つオーズはワクワクしていたようです。

こうしてドッキングは上手くいかず、(完成したからと言って上手くいったかどうか疑問)
仕切りなおすことになったのですが、今度は全員の見事な連携によって、サンジが蹴り飛ばした
ゾロがオーズの左手をはじき、はじかれた左手をロビンが後ろにサブミッションで決め、
ウソップは支えの右手に油を浴びせ、フランキーとウソップはオーズのあごにパンチを決める。

最後はサンジが唯一の支えの右足を渾身の力で蹴ることで、ついにオーズをひっくり返し、
1ダウン(ワン・ダウン)を奪ったのでした。

倒されたことで怒り心頭のオーズです。

その頃、オーズが制御不能と思ったペローナは、早々にスリラーバークから逃げ出すことを考え、
手下のゾンビに食料と財宝をすべてサニー号に積み込み、逃げ出そうとしていました。
ところが、そのサニー号の船上に、何故か王下七武海の一人、バソロミュー・くまが、
現れたのでした。

ここまでが、第367話 奪えダウン!!必殺麦わらドッキング?のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/405-09ae77a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。