09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第375話 終わらない危機!麦わら一味抹殺指令 

終わらない危機!麦わら一味抹殺指令は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第375話です。
テレビアニメ第375話 終わらない危機!麦わら一味抹殺指令のストーリーのあらすじは、
ルフィの最後の力を振り絞っての攻撃に、ついに倒すことが出来たモリアでしたが、
ルフィやゾロたち影を奪われていた者たちの肉体は朝日を浴びて消滅していきます。

その頃、世界中の海では、影が戻ってきたことで多くの人々が喜んでいました。
かつて四皇のひとりであるカイドウと渡り合ったこともある大海賊であり、
現在は王下七武海であるモリアが倒されたとは到底思えないものの、影が戻ったことは事実。
その事実に喜ぶ人々でした。

一方、身体が消滅していたルフィたちも、少しの時を経て、無事体が元通りに再生していました。
肉体が消滅しはじめたとき、間一髪、影が戻ってきたことで、モリアの影革命と同じ理屈で、
肉体のほうも影と同じ形を取り戻し、消滅していた部分も再生されたようです。

いずれにしても、危機一髪のところで、全員の影が戻り、ルフィたちも、被害者たちも、
全員が無事に生き延びることが出来たのでした。

ところが、喜んでばかりもいられません。ナミが重大なことを思い出したのです。
そして、仲間たちに伝えようとしたそのとき、その本人が姿を現しました。
もう1人の王下七武海、暴君バーソロミュー・くまです。

くまは政府の者と電伝虫で交信しているらしく、その会話が聞こえてきます。
そして、モリアがルフィたちに敗北した事実を抹消するため、政府がくまに出した指令は、
目撃者の抹殺というものでした。スリラーバークで生き残っている者たち全員の抹殺指令が、
政府によって、バーソロミュー・くまに出されたのです。

くまの能力は未知の能力です。その手に触れた者は、一瞬にして消え、そして、当の本人、
バーソロミュー・くまは、瞬間移動をする。ナミがペローナが消されたところを見ていたため、
その能力の怖さは充分承知です。

それ以上に、王下七武海の力は、クロコダイル、そして今回のモリアで身に染みてわかっている。
その王下七武海との連戦を強いられることになってしまったわけです。

なす術ないまま、くまは、ローリング海賊団のところに突如現れ、何をしたのか、
相手の身体に触れることなく、何かが身体を貫通し、数名が一瞬にして倒されます。

さらに、また瞬間移動して、今度はゾロのところに現れます。
オーズとの戦いでボロボロになっているゾロと、王下七武海のバーソロミュー・くまとの
戦いが、くまの指名によって始まろうとしています。

ここまでが、第375話 終わらない危機!麦わら一味抹殺指令のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/414-7cbead9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。