08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第388話 悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実 

悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実は、ONEPIECEアニメの第388話です。
テレビアニメ第388話 悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実のストーリーのあらすじは、
いよいよ本格的にトビウオ・ライダーズとの戦闘となったルフィたちですが、
ルフィは戦うことよりもトビウオに乗りたくて仕方がありません。

一番活きの良さそうなトビウオを見つけて飛び乗るルフィでしたが、すぐに海に潜ってしまい、
ルフィは溺れてしまいます。それを、能力者のブルックとチョッパーが助けに行くから、
よけいに始末が悪い。結局フランキーとナミで、3人のカナヅチを救出です。

そんなことをしている間に、ケイミーとパッパグはマクロ一味に狙われてしまいますが、
ゾロがはちの檻と縛っている縄を斬ったため、はちが自由になり、マクロ一味は倒しました。

トビウオ・ライダーズのほうは、数も多いですし、海上での戦闘ですから、
トビウオに有利で、激しい攻撃をしてきます。
1度溺れておいてまだ懲りていないルフィは、またトビウオに飛び移るのですが、
そのライダーは既に、ブルックの眠り唄によって眠らされており、トビウオまでも寝ていたため、
ルフィは建物の中へと突っ込んでいってしまいます。
その建物とは、ヘッドのデュバルの部屋でした。そこでルフィはデュバルの素顔を見て驚きます。

トビウオ・ライダーズの激しい攻撃に、麦わらの一味が応戦していると、
ルフィを追って、デュバルがモトバロという牛に乗って追いかけてきます。
ルフィが顔を知っているのならば、恨まれているのはルフィかと思いきや、
現れたデュバルはサニー号のほうへ向かって怒っています。

殺したいほど恨んでいるのは、サンジだったのです。
しかし、サンジには心当たりがない。しかも、最近のことだとデュバルが言うためますます不明。
ところが、ゾロも知った顔だとルフィが言って、デュバルの仮面を蹴り飛ばしてその素顔を見せる。

仮面を取られたデュバルは、その素顔を皆に見せることになるのですが、
その素顔は、何と麦わらの一味全員が知っている顔だったのです。

デュバルは、あのサンジの落書きのような手配書の落書きそのものの顔をしていたのでした。

ここまでが、第388話 悲劇!仮面に隠されたデュバルの真実のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/438-77c89474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。