04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第415話 ハンコックの告白 姉妹の忌わしき過去 

ハンコックの告白 姉妹の忌わしき過去は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第415話です。
テレビアニメ第415話 ハンコックの告白 姉妹の忌わしき過去のあらすじは、
奇しくも、ルフィによって救われることとなったハンコックたち三姉妹ですが、
妹たちがルフィに倒され、次にハンコックとの戦いになるかと思いきや、もう戦うつもりも
ないらしい。そこで、ルフィは、石にされたマーガレットたちを元に戻すよう頼むのだった。

ところが、ハンコックがルフィに出した条件は、二択だった。
仲間のところへ帰るため、船で送って欲しいところがあるとルフィが言っていたため、
船を貸すか、石になったマーガレットたちを救うか、どちらか1つだけ願いを聞くという。

そのハンコックの返答に、ルフィは躊躇なく、土下座して、お礼を言うのだった。
ありがとう。こいつら(マーガレットたち)を助けてくれるのか。ありがとうという礼だった。

恩人のために、自分の望みよりも、恩人の命を取り、そして迷いなく頭を下げるルフィに、
そのルフィの度量の大きさに驚くニョン婆と戸惑うハンコックたちでした。
そしてルフィの願いは叶えられ、マーガレットたちの石化は解かれ、無事仲間たちのもとへと
戻ることが出来た。そして、ルフィは、なんと男子禁制の国のさらに聖なる場所であるはずの、
九蛇城(くじゃじょう)へと案内されたのだ。

ハンコックはルフィに話があるという。何の話かとルフィが待っていると、ハンコックから
声がかかり、カーテンを開けてみると、そこには裸体のハンコックがいた。
そして再度背中を見せて、ルフィにその背中にあるものを本当に知っているのかと聞いた。
ハンコックの背中には何かの紋章のような烙印が焼きこまれており、その形が、タコのハチの
額にある烙印と似ていたため、ルフィは見間違えていたようです。
それをルフィがハンコックに伝えると、近くにいつの間にか来ていたニョン婆が、
ハンコックに対して、ルフィに全てを教えてやるようにと促したのだった。

そして、目の前のルフィこそ、つい先日シャボンディ諸島で天竜人を殴り飛ばし、
大事件を起こした張本人であることも蛇姫ハンコックに伝えられた。
そのニョン婆の言葉を聴いて、ハンコックの気持ちは決まったようだ。
すべてをルフィに話すことにしたハンコック。

ハンコックの背中の紋章は、なんと天竜人の紋章で天駆ける(あまかける)竜の蹄(ひづめ)
つまり、天竜人の奴隷だった証なのだ。
奴隷であることは、その紋章はハンコックたちが人間以下の存在であることを意味する。

ハンコックが12歳だったころ、九蛇海賊団の船から人攫いによって三姉妹は攫われ、
天竜人によって買い取られ、ハンコックたち三人は天竜人の奴隷だったのだ。
恐怖と屈辱の日々を余儀なくされたハンコックたちは何の望みも希望もなく死ぬことだけを
考える日々が続いたのだが、ある日、世界中の誰も予想もしていない事態が起こったのだ。

天竜人には決して逆らわないのがこの世の鉄則だったはずが、
ただ一人素手であのレッドライン(赤い土の大陸)をよじ登り、
天竜人たちの暮らす聖地マリージョアを襲撃し、次々と奴隷達を解放した男がいたのだ。
その男こそ、後にタイヨウの海賊団を結成する魚人で冒険家のフィッシャー・タイガーでした。
タイガーは種族として人間を嫌っていても、奴隷に区別することなく次々と奴隷を解放した。

そのおかげで、ハンコックたち三人も自由になり、必死で聖地マリージョアから逃げたのだ。
そして、たまたまアマゾン・リリーを捨て、外海で暮らしていたニョン婆によって救われ、
ここアマゾン・リリーに戻ることが出来た。
ハンコックたちは、奴隷だったときに余興で食べさせられた悪魔の実メロメロの実と
ヘビヘビの実のおかげで国民たちを騙すことが出来て、奴隷だった過去を隠していられた。

今日もしルフィがかばってくれず、奴隷の紋章が国民に見られたら、三人はもう、
この国では暮らすことは出来なくなっていたのだ。
そんな過去があり、ハンコックは人に対して心を許すことを極度に恐れ、誰にも支配される
ことを拒み、それであのような横柄な態度を取っていたようなのだ。

ハンコックたちの背中の紋章とハチのマークが似ているのは、奴隷であったものと
そうでないものの区別が出来ないようにするため、タイヨウをかたどったマークを烙印として
刻むことで、人の目を誤魔化し、奴隷たちの呪いからの心の解放を願ったものらしい。

衝撃的な告白をしたハンコックは、ルフィに、奴隷だった自分たちを、
お前(ルフィ)は蔑む(さげすむ)か?と聞いた。
しかし、ルフィの答えは当然、「だから、おれは天竜人は嫌いなんだって」というもの。

ルフィのその言葉に、ハンコックは初めて笑顔を見せ、ルフィが気に入ったようだ。
そして、ルフィのもう1つの望みも叶えてくれると言い出したのだった。

ここまでが、第415話 ハンコックの告白 姉妹の忌わしき過去のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/465-8ce9b891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。