07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第422話 決死の潜入!海底監獄インペルダウン 

決死の潜入!海底監獄インペルダウンは、アニメONEPIECE(ワンピース)の第422話です。
テレビアニメ第422話 決死の潜入!海底監獄インペルダウンのストーリーは、
海底の大監獄インペルダウンでは、海軍中将でルフィの祖父ガープが、エースを尋ねていた。
ひどい重傷を負い、死にそうなエースでしたが、ガープを前にして自分を殺せと叫びました。
自分が生きている以上、自分が尊敬する白ひげに迷惑がかかると思ってのことのようですが、
ガープは、今さらエースが死のうとどうしようと、もう誰も止められないと言います。
何故なら、政府や海軍は、海の王者(白ひげ)を怒らせてしまったのだからという。

一方、ルフィは、ハンコックの協力のおかげで、何とかインペルダウンまで到着します。
途中ルフィが自分が密航者であることを忘れ、大声を出してしまってもハンコックが誤魔化し、
海軍にもばれないまま到着したインペルダウンでしたが、エースが収監されていることで、
一層厳重な警戒をしているからなのか、あのバスターコール以上の数の軍艦が警護にあたっていた。

厳重な警戒網の中、ルフィは再びハンコックのマントの中へと隠れ、中将モモンガとともに、
インペルダウン内部までは何とか入ることはできたものの、ボディチェックもあるという。

インペルダウンでは、副署長のハンニャバルという男と副看守長のドミノという女性が出迎え、
ドミノがハンコックを個室でボディチェックし、手には海楼石の手錠をつけるという。
海楼石の手錠をつけられてしまっては、ハンコックの能力も使うことが出来ません。
個室へと案内され、さっそく海楼石(かいろうせき)の手錠をつけようと迫るドミノ、
そして、個室とは言っても周りには監視電伝虫がいくつもあり、その映像は、監視室へと
映像が送られる。

このままではルフィが発見されてしまうのも時間の問題です。
ルフィとハンコックはどうするのか?
時は、エースの公開処刑まで、後33時間と迫っています。

ここまでが、第422話 決死の潜入!海底監獄インペルダウンのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/473-ba80fbc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。