05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第426話 映画連動特別編 動き出す金獅子の野望 

映画連動特別編 動き出す金獅子の野望は、アニメONEPIECE(ワンピース)の第426話です。
今回から4回に渡って、映画ストロング・ワールド前の映画連動特別編(スペシャル)です。

テレビアニメオリジナル第426話 映画連動特別編 動き出す金獅子の野望のストーリーは、
ルフィが兄エースを救うため、世界一の大監獄インペルダウンに潜入をしたが、
ここは、誰一人、潜入も脱獄も許さない世界一の大監獄です。
しかし、ルフィの潜入より20年前、歴史上で唯一、この大監獄から脱獄をした男がいた。
それが伝説の大海賊、空を飛ぶ海賊金獅子のシキだったのです。

今回の話は、やがて遭遇することとなるルフィたちとシキの遭遇の数日前の話です。

海中を進む潜水艇を海賊船にするアミーゴ海賊団の船長ラルゴのもとに、金獅子のシキから、
通信が入ります。船長に代わって弟のコルトが出てみると、シキの代理人が言うには、
ラルゴを51人目の賊長としてシキ親分の総会へ招待することが決まったとのこと。
しかし、それには「条件」があるという。

一方、ルフィたちは、サニー号で釣りをしていたのですが、ブルックの竿に大物がかかり、
ルフィとウソップも手伝って3人がかりで釣り上げようとしていた。
そして、なんと竿にかかっていた獲物はあの大型の海の宝石エレファント・ホンマグロだった。
ところが、エレファント・ホンマグロを釣り上げたと思ったら、サニー号に落ちる前に、
突如現れた巨大カブトムシが、エレファント・ホンマグロを加えて飛んでいってしまったのだ。

せっかくの獲物を取られたことよりも、突然の巨大カブトムシの登場にルフィたちは大喜びです。
ルフィにいたっては、大カブトムシを仲間にすると言い出す始末です。

ところが、その様子を遠くの島から見届ける一人の少女は海軍の帽子と海軍マントをはおり、
大カブトムシに向かって指令を出したいたのです。
大カブトムシの名前はボス。頭に海軍のマークが入っています。
ボスは、少女の指令どおりサニー号を襲います。フランキーが応戦しますが、大カブトムシには、
フランキーの攻撃が通用しません。ぶっ飛ばそうとしたルフィに対しては、カブトムシなのに、
まさかの炎を口から吹いての攻撃をしてきます。ますます喜ぶルフィです。

ルフィは、大カブト虫のツノに腕をからめて大カブトムシに飛び移りました。
ところが、大カブトムシがサニー号のところまで飛んできたときに、ウソップまで、
大カブトムシの足にひっかかってしまって連れ去られそうです。
それは危険と思ったのか、ゾロとサンジまで大カブト虫の足につかまり一緒に飛んでいきました。

ルフィたちを連れたカブトムシは、島のほうへと向かって飛んでいき、島の岸壁に激突する。
それによって大カブトムシは身動きできなくなってしまったため、ルフィが仲間になれと
大カブトムシを誘っていると、あの海軍の服をまとった少女が現れてルフィに向かって、
頭にかみついてきました。ルフィが頭をかまれて大騒ぎをしていると、島の大人たちも
その場へ集まってきたのですが、海賊と知って、すぐに降伏します。

ところが、ルフィやゾロ、サンジたちを見て、麦わら海賊団とわかると、急に態度が変わる。
急に海賊に対する態度ではなく、非常にフレンドリーな様子に変わったのです。

そして、少女ヨーコを止めて、ルフィたちと話をしたのですが、少女ヨーコが言うには、
ボス(大カブトムシ)は、自分達の仲間だから、ルフィたちの仲間にはならないという。

それを聞いてルフィも大カブトムシを仲間にすることは諦めるのですが、このカブトムシは、
非常に不思議なカブトムシで、成虫になった後も月に1度脱皮を繰り返し、その度に、
さらに大きく、そしてさらに強くなるという。

ルフィたちが麦わら海賊団とわかった島の大人たちは、ルフィたちを島にある町に案内すると
言い出しました。迷路のような洞窟を通り、町へと向かう途中、ヨーコのことも聞きます。

この島は辺境の地にあるため、海賊たちの襲撃があっても海軍の行動はいつも後手にまわる。
そんな状態のとき、この島のためにたったひとりで島に留まって戦った海兵がいた。
その海兵の娘がヨーコなのですが、5年前に父親である海兵は海賊との戦いで死に、そして、
その数年後に突如この島に大カブトムシが現れたらしいのですが、すぐにヨーコと仲良くなり、
今にいたるようです。今では大カブトムシは島の守り神のようになっています。

そんな話を聞きながら、ルフィたちが到着したのは、島の反対側にある町でした。
ここはカンソーン島。別名リトル・イーストブルー(小さな東の海)、何故かイーストブルー
出身の者達ばかりが集まる島で、イーストブルーのいろいろな所の建物などのある町でした。

ゾロのいた剣道の道場や、サンジのいたバラティエまであるという。ウソップのいたシロップ村の
屋敷もあると言うが、住んでいるのはもちろんカヤではなくルイジアという人らしい。

イーストブルー出身の大型ルーキー麦わら海賊団を大歓迎する島の人々ですが、
海兵を父に持つヨーコは複雑そうです。

サニー号でルフィたちの帰りを待つナミやチョッパーたちは、電伝虫で連絡が入ったため、
ナミが出てみると、それはウソップからの通信で、ナミに来て欲しいと言う。

何故ナミだけに来て欲しいのか、何があったのかわからないまま、ナミはウエイバーで、
その島へと向かい、フランキー、ブルック、ロビン、チョッパーはサニー号に残ります。

丁度その頃、その島の沖ではあのアミーゴ海賊団の潜水艇が島の様子をうかがっていました。
あの大カブトムシは金獅子のシキのアジトから逃げ出したもののようで、今回の、
総会なるものへの参加の条件は、逃げ出した大カブトムシを捕らえることのようです。

ここまでが、第426話 映画連動特別編 動き出す金獅子の野望のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/477-20eda23a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。