07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第435話 マゼラン強し!ボン・クレー敵前逃亡 

マゼラン強し!ボン・クレー敵前逃亡は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第435話です。
テレビアニメ第435話 マゼラン強し!ボン・クレー敵前逃亡のストーリーは、
ルフィとボン・クレーの行く手に現れたのは、インペルダウン最強の監獄署長マゼランです。
二人に勝ち目はないと判断するボン・クレーは逃げることをルフィに勧めますが、
マゼランからは、逃げることも容易ではありません。

あらゆる毒攻撃と、体中が毒のマゼランには、触れることさえ出来ないのです。
クロコダイルや青キジのように攻撃が無効なのではなく、攻撃することが毒を浴びることとなる。
つまり、手も足も出ないわけです。

マゼランのヒドラの毒は、神経毒で、触れると地獄の苦しみが体を走り、やがて死に至るという。
とにかく逃げ回るルフィでしたが、ヒドラだけではなく、毒ガス攻撃もするマゼランからは、
逃げることさえさせてもらえません。

マゼランがルフィと戦闘中に、何とかルフィのために力になりたいと考えるボン・クレーも、
何をしたところで、マゼランに勝てる見込みはなく、なす術なしです。
そして、悩みに悩んだ挙句、ボン・クレーが選んだのは、その場からの逃亡でした。
マゼランがルフィに気を取られているスキに、そこから逃げ出すボン・クレー。
ボン・クレー苦渋の決断でした。涙を流し、ルフィに詫びながらひたすら逃げる。

その頃、LV3へと続く階段への扉では、バギーとミスター・スリーが、副署長の
ハンニャバルに挑んでいました。
ルフィたちを警戒して、獄卒獣3人はLV5への通路を固めたと知り、一番手薄で、
一番弱いと思われるハンニャバルと戦うことが最善とミスター・スリーが判断したからです。

マゼランの攻撃を必死でよけていたルフィでしたが、
よけるだけでは何もできないと思ったルフィは、ついにマゼランとの戦いを決意します。
ギア2を使ってスピードとパワーをあげて、マゼランに対して渾身のジェットバズーカを放つ。

このルフィの攻撃には、流石のマゼランも膝をついたのですが、
ルフィのほうも手にマゼランの毒がついてしまい、その痛みに悲鳴をあげるのでした。

ここまでが、第435話 マゼラン強し!ボン・クレー敵前逃亡のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/488-bb6e151e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。