09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第449話 マゼランの奇策!はばまれた脱獄計画 

マゼランの奇策!はばまれた脱獄計画は、アニメワンピースの第449話です。
テレビアニメ第449話 マゼランの奇策!はばまれた脱獄計画のストーリーのあらすじは、
命をかけてのイワちゃんとイナズマのマゼラン足止めも空しく、ついにマゼランに追いつかれた
ルフィたちですが、マゼランのヒドラをルフィが喰らいそうになった瞬間に、まさかの、
ミスター・スリーの援護が入ります。

ロウで作ったキャンドル・ウオールが、マゼランの毒の塊、ヒドラを食い止めたのです。
バギーと同等程度の戦闘力の低いはずのミスター・スリーが、ここへ来てまさかの活躍です。
クロコダイルも、能力の相性はわからないものだと感心するほど。
卑怯で姑息さだけがとりえのミスタースリーも、その自分に友情を感じ、何度も命をかけて
守ってくれるルフィに心が動いたようです。

しかし、そのとき、マゼランから看守たちに何か指令が飛びます。
それに気づいたジンベエは、事態がマズイ方向へと動いたことを察知し、いち早く行動に出る。

ですが、ルフィは、外に出て軍艦を奪うなら、自分はここでマゼランを足止めすると、
ジンベエを先に進ませます。
毒を防御しつつ逃げる気満々だったミスタースリーを引き止めて、ルフィは自分の両手両足に、
ミスタースリーの能力でロウの鎧を着けてもらい、パンチがマゼランに直接触れないようにして、
再度マゼランと戦うのでした。

その頃、先に行ったバギーたちは、ついにインペルダウンの正面入口まで到達していました。
その扉を開ければ、後は軍艦を奪い逃げるのみ。やっとの到達に感慨に浸りつつも、
ついに正面の大型扉を大勢で力をあわせてこじ開けたのでした。
光が差し込み、遂に地獄の外へと脱出に成功したのです。

ところが、外に出てみると、10隻は、いるはずの軍艦が影も形もない。
マゼランの先ほどの指令はこれだったようです。
インペルダウンにとって最大の防御壁は、この海、大型の海王類がうごめくカームベルトこそ、
インペルダウンを鉄壁の防御にする一番の武器。それを有効活用すべく軍艦を出航させたのです。

せっかくここまで辿り着きながらその先の進路を奪われ絶望にくれる囚人たちでしたが、
そこにジンベエが現れます。自分がいるから大丈夫だと。自分に任せろというジンベエ。
ジンベエは、インペルダウンの巨大な入口の扉の片方を引きちぎったかと思うと、
それを海に浮かべ、軍艦を奪いに行くから度胸のある奴は乗れと指示します。

それに応じたのは、元王下七武海のクロコダイルとミスターワンことダズ・ボーネスでした。
順当なところでしょう。ところが、そこにまさかのバギーが加わった。役に立つのか?
バギーは、入口でマゼランの脅威に怯えるよりも、王下七武海と行動をともにしたほうが、
身の安全が保てると判断したのでした。
そうとは知らず、囚人たちは、バギーの勇気ある行動に感激し、ジンベエたち4人によって、
軍艦奪取の作戦が開始されたのでした。

一方、ルフィは、いまだマゼランと戦いマゼランをLV1に足止めしていました。

ここまでが、第449話 マゼランの奇策!はばまれた脱獄計画のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE ワンピース - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/502-f68ae5f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。