04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第452話 目指せ海軍本部 エース救出への船出! 

目指せ海軍本部 エース救出への船出!は、ONEPIECE(ワンピース)の第452話です。
テレビアニメ第452話 目指せ海軍本部 エース救出への船出!のストーリーのあらすじは、
ボン・クレーの犠牲によって、世界一の大監獄インペルダウンから総勢241名での
脱獄に成功したルフィたちですが、インペルダウンの事件は、まだ終っていませんでした。

マゼランのヒドラの毒によって討ち滅ぼされたと思われていた王下七武海黒ひげとその一味は、
看守長、雨のシリュウによって解毒剤を投与され、命を救われていたのでした。
ここにいては自分の将来は見えていると自分の地位に不満を持っていたシリュウは、
黒ひげの襲来により、黒ひげの配下に入ることを決めたのでした。つまり黒ひげ海賊団の、
仲間となった雨のシリュウは、これから黒ひげとともに、インペルダウンでさらなる事件を
起こすつもりのようです。

一方、無事に正義の門を抜けたルフィたちですが、脱獄を喜ぶ者たち、ボン・クレーとの
悲しい別れに泣く者たち、それぞれの想いが交差していたのですが、大きな問題が発生します。

ルフィやジンベエ、クロコダイル、そしてニューカマーランドの者達は、当然行き先を
知った上での脱獄だったのですが、バギーたちは脱獄が目的であって、海軍本部など
行く理由がありません。それどころか、白ひげ海賊団と海軍本部、そして王下七武海の
世界の頂点の戦いの中へ入っていくのは、地獄のインペルダウンにいるよりも怖ろしいこと。
すぐに進路を変えろと騒ぎ出すバギーたち囚人たちでした。

ところが、そんな騒ぎの中、軍艦の電伝虫が鳴り出します。
当然海軍本部からの通信だと想われるわけですが、ルフィは躊躇なく出てしまいます。

海軍本部からの通信によると、ルフィたちに言い渡された内容は、今回のインペルダウンでの、
大脱獄の主犯は、2名。それは、ルフィと道化のバギーというのでした。
王下七武海のジンベエや元王下七武海のサー・クロコダイルもいること承知で何故バギーが
主犯扱いされるのか不思議な状況で本部の通信は続きます。

道化のバギーは今まで大きな騒ぎは起こしていないものの、元々は海賊王ゴール・D・ロジャーの
クルーだったこと、さらには、現在四皇(よんこう)の赤髪のシャンクスの兄弟分ということ。
その2点から、エースとのつながりは不明なものの、目的はルフィと同じと解釈され、
そしてその経歴から、主犯と確定されたのでした。

その経歴に驚く囚人たち。バギーの囚人たちの間での株はさらに上がります。

しかし、今ルフィたちが航海しているのは政府専用のたらい海流です。
正義の門を開いてもらわない限り、どこへも辿り着くことも、逃れることも出来ない。
ルフィたちの乗る軍艦は、決して海軍本部へは入れないと通信で言われてしまいます。

しかし、そんな言葉に臆することなく、ルフィは海軍本部に喧嘩を売り電伝虫を切った。
ところが、問題は、バギーが伝説級の海賊と思い込んだ囚人たちがバギーとともに、
この軍艦を乗っ取り、逃亡しようとしはじめたのです。
相手は王下七武海たちですから、当然バギーやバギーを慕う囚人たちに勝ち目はないのですが、
無駄な争いが起こりそうです。

そんなとき、既にカリスマと化したバギーが、逃亡を願う囚人たちに話し始めます。
これから向かっているのは海軍本部、つまり手を伸ばせば届く所に世界の頂点がある。
自分は今日これから白ひげの首を取ると。
逃げ腰バギーのはずが、おだてられ、勝手にその気になっていたのでした。
そして、カリスマ性だけは持つバギーの言葉に、囚人たちもすぐに納得し、こうして、
軍艦内での争いは避けることが出来たのでした。

後は、マリンフォードへ向けてエースを救出すべく、ルフィたちは航海を進めたのでした。
その頃、マリンフォードでは、護送中のエースが正義の門の手前まで到着していました。
ですが、いまだ白ひげには何の動きもありません。

ここまでが、第452話 目指せ海軍本部 エース救出への船出!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/505-368b6fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。