06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第459話 決戦の刻迫る!海軍最強の布陣完成! 

決戦の刻迫る!海軍最強の布陣完成!は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第459話です。
今回からが、本格的なマリンフォード(頂上決戦)編です。

テレビアニメ第459話 決戦の刻(とき)迫る!海軍最強の布陣完成!のストーリーは、
公開処刑まで3時間を切り、処刑台へと向かうエース。

海軍本部では、考えうる最高の戦力にて布陣が完成していた。
三日月型のマリンフォードを取り囲むように50隻もの軍艦が取り囲み、
世界中の海軍から召集された名のある海兵たちの数は実に10万人。バスターコールの比ではない。

そして、その戦力の最前列には、戦局の鍵を握る5人の曲者王下七武海が構える。
バーソロミュー・くま、ジュラキュール・ミホーク、ドンキホーテ・ドフラミンゴ、
ゲッコー・モリア、そしてボア・ハンコックだ。

さらに、処刑台の真下では、海軍が誇る海軍の最高戦力の三人の海軍大将。
大将青雉クザン、大将赤犬サカズキ、大将黄猿ボルサリーノが、構える。

そして、海軍元帥センゴクの部屋では、いつも何物にも動じないルフィの祖父ガープが、
センゴクに対して食ってかかっていた。それを言う必要があるのかと。
何かセンゴクは考えがあるようです。

世界中がエースの公開処刑に注目していた。
処刑というよりも、エース救出のため白ひげが現れ、海軍と白ひげとの全面戦争を恐れ、
まるで自分達が処刑台にいるかのような生きた心地がしない状態だったのだ。

マリンフォードからは戦争を警戒して、一般の人々はシャボンディ諸島へと避難し、
記者たちも、海軍本部からの電伝虫の映像と音声をシャボンディ諸島で見て備えていた。

ルフィたちもまた、マリンフォードを目前にしたところまで迫っていた。
既に前にはマリンフォードの正義の門が見えるところまで到着していたのでした。

エースが処刑台へと連行されたとき、ついに元帥センゴクが動く。そして、センゴクの口から、
エースに関しての衝撃の事実が告げられることとなる。

サウスブルーのバテリアという島、ポートガス・D・ルージュという名の女性こそ、
エースの母親なのですが、当時、海軍は必死でひとりの子供を探していた。
あの男の子供がいるというサイファーポールのわずかな情報を頼りに、生まれたての子供、
生まれてくる子供、そして身ごもっている母親すべてを調べたがわからなかった。

しかし、ルージュは母親の意地にかけて、常識を覆し、自らの腹に20ヶ月も子供を宿し、
あの男の死から1年3ヶ月も経ったときにエースを生み、そして死んだ。

エースの父親とは、海賊王、ゴールド・ロジャーだったのだ。
今回の公開処刑は、海賊王の血を根絶やしにするという意味をも持っていたのでした。

ここまでが、第459話 決戦の刻迫る!海軍最強の布陣完成!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/512-72bbe0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。