10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第460話 巨大艦隊あらわる 襲来!白ひげ海賊団 

巨大艦隊あらわる 襲来!白ひげ海賊団は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第460話です。
テレビアニメ第460話 巨大艦隊あらわる 襲来!白ひげ海賊団のストーリーは、
海軍元帥センゴクの口から語られた、エースの実の父親は海賊王ゴール・D・ロジャーという
衝撃的な事実に、人々は騒然とした。

処刑を前にしたロジャーは、自分の子供が生まれてくることをルフィの祖父ガープにだけ告げ、
そして、ガープに子供を守ってもらうように頼んだのでした。
何度も殺し合いをしてきた海兵のガープだからこそ、仲間ほどに信じられると。

海軍も、必死にロジャーの子供を探したが、ロジャー投獄から10ヶ月の間、生まれてくる子供、
そのすべてを捜索したが、ついに子供は見つけることができなかった。

それはエースの母、ポートガス・D・ルージュが、ずっとエースをその身に宿したまま、
生むことなく隠し通したからです。
そして、実に20ヶ月の間、子を体内に宿し、やっと生まれてきた子供、男ならエース、
女ならアンとロジャーが決めていたとおり、男の子にはゴール・D・エースと名づけられた。

しかし、エースの出産後、すぐに命を落とした母親のもとからガープがエースを預かり、
そしてダダンにエースを育てさせたのでした。ダダンには、ルフィも子供の頃、育てられた。

そして、2年ほど前から、エースが母親の名を名乗り、スペード海賊団として、
驚異的なスピードで海で名を上げ始めたとき、海軍もやっとエースの素性に気づいた。
ところが、気づいたのは海軍だけではなく白ひげもまた気づいていたのでした。
このままでは次世代に必ずや世界の頂点に立つであろう、かつてのライバルの息子エースを、
自分の船に置くことで、海軍からその身を守っていたのです。

エースは自分が白ひげを海賊王にしたいと願っていたのですが、そう思っていたのはエース、
実際のところは白ひげによって、次の海賊王の資質を持ったエースは守られていたという。
現に、白ひげという名によって、海軍も、うかつにエースに手出しできなくなったのだ。
そんな話が、センゴク元帥から語られていた。

その頃、正義の門を目の前にしていたルフィたちは、正義の門を開ける術がなく困っていたが、
何者の仕業なのかわからないまま、突如正義の門が開き、ルフィたちも正義の門を通り、
マリンフォードまで到達をはたした。

そして、マリンフォードの海軍本部では、沖合いに突如現れた海賊船の艦隊に騒然としていた。

海賊船の船団、その数43隻、いずれも新世界にその名を轟かせている海賊たちであり、
そして、すべてが白ひげ傘下の船長たちの船だったのです。ですが、白ひげの姿はない。

ところが、息を飲む海軍の海兵たちの見守る中、まさかの海軍本部の湾内に突如船影が現れる。

遂に、白ひげの乗る海賊船モビーディック号が姿を現した。
白ひげたちは、船をコーティングし、コーティング船でずっと海中を進んでいたのでした。

ここまでが、第460話 巨大艦隊あらわる 襲来!白ひげ海賊団のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/513-3e406faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。