06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第462話 世界を滅ぼす力!グラグラの実の能力 

世界を滅ぼす力!グラグラの実の能力は、アニメワンピース(ONEPIECE)の第462話です。
テレビアニメ第462話 世界を滅ぼす力!グラグラの実の能力のストーリーは、
仲間殺しのティーチを追うことを、止めた白ひげと他の隊長たちでしたが、それを押し切って、
身勝手に飛び出したエースを何故救いに来たのかと問うエースに、俺は行けといったはずと答え、
隊長たちにも同意を求める白ひげ。

同意を求められた1番隊隊長のマルコも行けと言ったと同意する。
そして、この海で、白ひげ海賊団の仲間に手出しした者がたとえ誰であってもどうなるか、
それを見せると言う白ひげ海賊団、全面戦争の始まりです。

突如海軍本部を襲う巨大な津波!

先ほど白ひげが大気にヒビを入れて仕掛けた海震(かいしん)が津波となって襲ってきたのだ。
これが世界最強の海賊白ひげ、エドワード・ニューゲートのグラグラの実、地震人間の能力です。

海軍元帥センゴクも、たとえ勢力で上回ろうとも、決して気を抜かないようにと指示を出す。
あの男、白ひげは、世界を滅ぼすだけの力を持っているという。

ついに始まってしまった世界の頂点の戦い。この戦争でどちらが勝つにしても歴史が変わる。
それほどの戦争が始まったのでした。
押し寄せる津波にどよめく海兵たちでしたが、いち早く飛び出したのは海軍大将青キジでした。

迫り来る津波に向かってそのヒエヒエの能力を使い津波をあっという間に氷と化してしまうと、
すぐさま白ひげへと攻撃を仕掛けてきた。
しかし、白ひげもすぐに応戦し、青キジは砕け散り海へと落ちるが、そのまま海の中へ落下せず、
湾内をすべて凍らせてしまう。白ひげ海賊団の船は身動きが出来なくされてしまいます。

しかし、足場が出来たことで、隊長たちをはじめ、白ひげ海賊団のクルーたちが、
続々と本部に攻め入ってきた。

そのとき、気まぐれで動かないはずのジュラキュール・ミホークが動く。
大将赤犬も、気まぐれな鷹の目が動くことに驚くが、ミホークは推し量るためだという。
近くに見えるあの男白ひげと自分との距離を推し量るための攻撃だというその攻撃は、
黒刀、夜から放たれた世界一の斬撃で、一直線に白ひげに迫るのでした。

ここまでが、第462話 世界を滅ぼす力!グラグラの実の能力のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/515-e5777153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。