08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第470話 剣豪ミホーク ルフィに迫る黒刀の斬撃 

剣豪ミホーク ルフィに迫る黒刀の斬撃は、ONEPIECEアニメの第470話です。
テレビアニメ第470話 剣豪ミホーク ルフィに迫る黒刀の斬撃のストーリーは、
王下七武海にして、世界一の大剣豪ジュラキュール・ミホークに狙われたルフィでしたが、
鷹の目のミホークの強さを知るルフィは、戦うことを避け、ギア2でスピードアップして、
逃げることを選択しました。

しかし、ミホークの黒刀(こくとう)の射程範囲は異常に広く、黒刀の斬撃を受けてしまいますが、
間一髪のところで、致命傷は避けることができました。
ですが、まだミホークの攻撃は終っていません。
ルフィを守ろうと、ジンベエがミホークと戦おうとしますが、ジンベエが倒されることはない
ものの、王下七武海のジンベエでさえも、ミホークを止めることが出来ません。

追撃するミホークに、ルフィも逃れつつも攻撃をしようとしますが、
ミホークに攻撃をしたら確実に腕を斬り落とされると判断したルフィは攻撃を途中でやめた。
的確な判断だったようです。もう逃げ続けるしかないルフィですが逃げるごとにエースから離れる。

その頃、クロコダイルと手を組まないかともちかけていたドフラミンゴに、クロコダイルは、
自分を同格と見るなと一蹴します。そしてドフラミンゴをサーブルスの砂嵐で吹き飛ばそうとし、
その余波を受けてバギーが上空へと砂嵐で飛ばされてしまうのでした。

その空を舞うバギーを見つけ、ルフィは、ミホークの斬撃を避けるためにバギーを使います。
バギーは斬撃がきかないバラバラ人間ですから、バギーを身代わりにして逃れるルフィ。
そして、ルフィがミホークに苦戦している様子を見ていたマルコは、5番隊隊長である、
花剣(かけん)のビスタに、ルフィを助けるように指示を出しました。

ビスタは、ミホークと対戦するのは初めてのようですが、ミホークもその名を知るほどの剣豪。
ビスタのおかげで、何とかミホークの斬撃からは逃れることができたルフィでした。
そのルフィを見て、ミホークは、ルフィの真の力、技やパワーではなく、その場にいる者たちを
すべて味方にしていってしまう、この海において最も恐るべき力をルフィは持っていると、
ルフィの底力を認めるのでした。

やっとミホークの攻撃から逃れることが出来たルフィですが、海軍の作戦により、大きく、
マリンフォードの戦局は動きを見せます。

既にエースの処刑の準備が整い、やはり通信であったように処刑時刻を早めるようです。
さらには、元帥センゴクの指示で、映像電伝虫の映像をすべて切るように命令が飛びます。
これからの状況は一般の人たちには刺激が強すぎると。
何をたくらんでいるのでしょうか?

そしてさらに、沖合いでは、白ひげ傘下の海賊たちの後方から海軍が回りこんでの攻撃が始まる。
その海軍の攻撃とは、大量の人間兵器パシフィスタによる攻撃でした。
ここへきて、海軍は戦争終結に向けて大きく動き出したのでした。

ここまでが、第470話 剣豪ミホーク ルフィに迫る黒刀の斬撃のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/523-384194b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。