06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第480話 それぞれの選んだ道 ルフィVSガープ! 

それぞれの選んだ道 ルフィVSガープ!は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第480話です。
テレビアニメ第480話 それぞれの選んだ道 ルフィVSガープ!のストーリーは、
エースを目前にして、ルフィの目の前に立ちふさがる海軍中将であり、ルフィの祖父のガープ。

小さな頃から、爺ちゃんにはまったく手出しできず、心をおられていてガープには手が
出ないルフィにとっては最も厄介な相手が最後の砦となってしまったのです。
ガープも、孫と孫同然に育てたエースへの想いはあるものの海軍中将としての立場上、
ルフィをこのまま通すわけにはいかない。

ルフィを敵とみなし、拳を繰り出すガープに、エースを救いたい一心で、遂にルフィも、
ギア2での応戦となった。
ルフィがいかに応戦しようとも、通常であればガープに敵うはずもないのですが、
ルフィを敵とみなし、海軍中将としての立場を重んじたと言っても孫は孫、土壇場になって、
非情になりきれないガープにルフィの拳が炸裂し、ガープは橋から叩き落とされる。

そしてついに、壊れかかる橋を飛び移りつつも、ルフィはエースのところまで辿り着いた。
すかさずハンコックからもらっていた鍵を取り出してエースを解放しようとするが、
それを黄猿に見つかってしまい、鍵は黄猿のレーザーで撃ち砕かれてしまいます。

鍵を失い解放できずにいるルフィに、さらに追い討ちをかけるように元帥センゴクが、
悪魔の実の能力を使い、巨大な大仏と化してルフィたちに攻撃を仕掛けてきました。
ところが、その場に倒れていた処刑執行人が意識を取り戻すと、それは何と偽執行人で、
ミスター・スリーだったのです。

ルフィはすぐにミスタースリーにキャンドルの壁を作らせエースを守り、自分はギア3で
巨大な風船となって、センゴク元帥の攻撃から二人を守ります。
センゴクの攻撃によって処刑台は壊れ、下へと落下する三人でしたが、ミスター・スリーが
ロウを使ってエースの鍵を作ってくれたのでした。
友情や友達という感覚をバカにし続けてきたミスター・スリーですが、地獄のインペルダウンで、
友達ルフィのために命を賭けたミスター・ツーことボン・クレーの影響で、その友ボンクレーの為
ルフィの兄を救おうとこの場にいたのだった。

処刑台が崩壊したことで、海軍は処刑台に向けて一斉砲撃をしました。
センゴクでさえ身の危険を感じて処刑台を離れるほどの一斉攻撃だった。
手錠をしたエースは生身の人間ですから助かりませんが、ミスター・スリーの鍵作成が、
攻撃よりも一瞬早く、ついにルフィは兄エースの救出に成功したのでした。

爆煙の中から炎のトンネルが現れ、中からエースとルフィが現れた。

ここまでが、第480話 それぞれの選んだ道 ルフィVSガープ!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/533-1325be8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。