05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第488話 必死の叫び 運命を変える勇気ある数秒 

必死の叫び 運命を変える勇気ある数秒は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第488話です。
テレビアニメ第488話 必死の叫び 運命を変える勇気ある数秒のストーリーは、
海軍本部を壊滅させようとする黒ひげに、元帥センゴクが立ち向かい、さらには、そこに、
英雄ガープ中将も加わっての黒ひげ海賊団との戦いになります。

一方、何とかルフィを守りたい白ひげ海賊団の隊長たちは大将赤犬に一歩も退かず対峙する。

ルフィを救出に来たトラファルガー・ローでしたが、バギーがローを知らないため、
ルフィたちを託してもらえません。
ローの潜水艇に海軍の軍艦の艦隊が迫り、一斉砲撃を浴びそうになったとき、
黒ひげが大気を揺るがせ、島だけでなく、海までも揺るがしたため、照準が狂い、
ローの潜水艇への砲撃はそれ、何とかローの潜水艇は砲撃を免れることができました。

その頃、コビーの体に異変が起こっていました。頭の中で声が聴こえると震えるコビー。
コビーを心配するヘルメッポをよそに、突然コビーが走り出します。

もともとの目的であったエースの処刑は阻止されたもののエースは死に、
白ひげも今や死亡して、海軍の目的は果たされたはずが、勝って尚、その士気は下がらない。
それどころか、海軍の海兵たちは、ドーベルマン中将やオニグモ中将に煽られ、そして、
大将赤犬の戦いに魅せられ、さらに狂気となって海賊たちを追う。

ルフィを救いたくとも、上空でバギーが手放さないため、どうしようもなかったローですが、
バギーが今度は黄猿に狙われます。黄猿に狙われて、これ以上ルフィを持っていては自分が危険と
そう判断したバギーは、トラファルガー・ローにジンベエとルフィを託し、その場を逃げる。

ですが、シャボンディ諸島での恨みをローに持つ黄猿は、ローを追撃しようとしますが、
そのとき、この戦争を止めようとする者の声が聴こえてきます。黄猿もその声に一瞬攻撃を止める。

その声の主は、コビーでした。
大将赤犬の前に立ちふさがり、もう戦いをやめましょうと叫ぶコビー。
これ以上の戦いは命がもったいないと。

しかし、そのコビーの必死の叫びも赤犬には届かず、正しくもない海兵は海兵にいらないと、
コビーにマグマの拳を叩き込もうとします。
ところが、そのコビーが勇気を出して叫んだ数秒の時間が、この戦いの結末を大きく変えた。
コビーに炸裂しそうになった赤犬の拳を、赤髪のシャンクスの剣が止めたのです。

トラファルガー・ローを追撃しようとした黄猿の攻撃は、副船長のベン・ベックマンが止め、
四皇赤髪海賊団が、マリンフォードに到着したのでした。

シャンクスはルフィの麦わら帽子を拾い上げ、「この戦争を終らせに来た」と告げました。

ここまでが、第488話 必死の叫び 運命を変える勇気ある数秒のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/541-75de3f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。