09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第495話 おれは逃げない エース決死の救出作戦 

おれは逃げない エース決死の救出作戦は、アニメONEPIECEの第495話です。
テレビアニメ第495話 おれは逃げない エース決死の救出作戦のストーリーは、
海賊ブルージャムの手下、ポルシェーミに捕らえられたルフィを救出するため、ポルシェーミの
アジトへと殴りこみをかけたエースとサボでした。

相手は本物の海賊で刀まで持っているため、エースとサボが協力して、エースがポルシェーミを
押えている間にサボがルフィを救出し、そのまま一気に逃げるはずが、
エースが「おれは逃げない」とポルシェーミ相手に本気で戦いの姿勢を崩しません。
一度向き合った敵からは逃げない。それがエースの生き方だったのだ。

それを知るサボは、相手が悪いと知りつつも、エースに協力し、大怪我を負いながらも、
なんとかポルシェーミを二人で倒すのでした。

後からその場にやってきた海賊ブルージャムは、子供にのされてしまった手下ポルシェーミを、
情けないと罵倒し、そのまま銃で撃ち殺してしまい、さらに、エースたちを追撃して、
今回の件の落とし前をつけるようにと手下に命令します。

一方、何とかルフィを救出できたエースとサボですが、何故口を割らなかったのかと、
エースはルフィに問いかけると、ルフィは、しゃべってしまったら、もう友達になれないから。
と答えます。殺されるよりも、友達になれないほうが良いだろうと言うエースに、
一人ぼっちは痛いことや死ぬことよりもつらいと答えるルフィ。
ルフィにとって、両親はおらず、山賊は嫌いで、友達として頼れるのはエースしかいない。

そのルフィの言葉に、小さな頃から、ロジャーの息子として、自分はこの世に生まれてきて
本当に良かったのかと自問自答を繰り返してきたエースの心を動かします。
エースが人(ルフィ)に必要とされているということがエースには意味があるのです。
そんなわけで、やっとエースとも友達になれそうなルフィでしたが、1つ問題が発生しました。
ブルージャムの手下をのしてしまったことで、サボはグレイ・ターミナルでは安心して暮らせない。
いつブルージャムの一味に襲われるかわからないからだ。
そこで、サボは、エースたちと共に、ダダンの家で世話になることに決めたのでした。

また一人悪童が増えてしまったことに怒るダダンでしたが、元々は人の良いダダンですから、
サボを力ずくで追い出すわけにもいかず、そのままサボを置くこととする。
しかし、サボたちがブルージャムたちをもめたことを知り、厄介のタネが増えたことに悩む。

また、グレイ・ターミナルでは、ブルージャムたちが本格的に手を回し、一斉にエースやサボの
捜索が始まっていた。
しかし、逃げ回ってばかりでは駄目だと完全に戦う姿勢を崩さないエース。

こうして、日々、森の猛獣たち、グレイターミナルや町のチンピラたちとの戦いにあけくれ、
三人の悪童エース、サボ、ルフィの名前は、やがてグレイ・ターミナルだけではなく、
王国の中心街にまでその名が知られていくようになる。

ここまでが、第495話 おれは逃げない エース決死の救出作戦のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/548-a192c61c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。