08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第503話 よろしく頼む!兄弟から届いた手紙! 

よろしく頼む!兄弟から届いた手紙!は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第503話です。
テレビアニメ第503話 よろしく頼む!兄弟から届いた手紙!のストーリーは、
船の前を横切ったことで、天竜人の怒りをかい、砲撃を受けてしまったサボですが、
まだ一撃では船は沈まず、必死に船の火を消そうとするサボ。
何故撃たれたのか理由もわからないまま、サボは天竜人から2発目の砲撃を受け海に沈む。
その一部始終をドグラが見ていた。

一方、コルボ山のダダン一家のアジトでは、エースとダダンを心配するルフィとダダンの子分たち、
半ば、二人の命を諦めかけていたそのとき、二人が戻ってきたのでした。

重傷をおったダダンを背負い、エースがアジトに戻ってきた。大喜びのルフィでした。
あの火事の夜、ダダンとエースは協力して何とかブルージャムを倒したものの、
ルフィたちの後を追うも、既に火の手が回っており逃げ道はなく、ダダンが自分の体を盾にして、
エースを守って火の海を抜け出したのでした。
しかし、体中に大やけどをしてしまったダダンを中間の森に隠し、町から薬を盗み、
この1週間、何とかダダンの命をエースがとりとめていたのでした。

何はともあれ、エースとダダンの二人の命が無事であったことに喜ぶダダン一家でしたが、
夕方になり、ドグラが戻り、サボの訃報が伝えられます。
貴族であることがサボの幸せではなかったことにやっと気づき、サボを奪い返さなかったことを
後悔するエースとルフィですが、今さらどうしようもありません。
ただただ泣くルフィ、サボを殺した奴を倒そうとアジトを飛び出そうとするエース。
そのエースをダダンが止めます。相手はこの国と世界だと。

エースはそのまま暴走しないように、木に縛り付けられたまま一夜を過す。
ルフィはずっと泣き続ける。朝になり、やっと少し冷静になったエースを自由にしてやろうと
縄を解いているときに、一通の手紙が届きます。エースに宛てたサボからの手紙でした。
サボは出航前に、エースに手紙を出していたようです。

そのサボからの手紙には、出航に至る経緯と、いつか必ず海で会おうという約束、そして、
たったひとりの弟ルフィをよろしく頼むというものでした。
その手紙を手に、海の見える人のいない丘の上で、声をあげてひとり泣くエースでした。

そして、数日、ずっと落ち込んでいるルフィにカツを入れるエースは、ルフィに向かって、
サボは自由になれなかったが、生き残った自分達がサボの分まで自由に生きようというのでした。
自分たちは17歳になったら海に出て誰よりも自由に、そして悔いのない人生を送ろうと。
そして、もう1つルフィに「自分は絶対に死なない」と約束したのでした。
サボにルフィを頼まれたエースは、弱虫のルフィを置いては死ねない。その決意だったのです。

ここまでが、第503話 よろしく頼む!兄弟から届いた手紙!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/556-c5ce1642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。