07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第510話 サンジの受難 王国へと帰還した女王! 

サンジの受難 王国へと帰還した女王!は、アニメワンピース(ONEPIECE)の第510話です。
テレビアニメ第510話 サンジの受難 王国へと帰還した女王!のストーリーは、
冥王レイリー、ジンベエと、たった3人で海軍の軍艦を乗っ取り、正義の門を通過するルフィ。
三人で、マリンフォードへと向かったようです。

そして、ところ変わって、トリノ王国では、タヌキチと呼ばれるチョッパーが、人々と鳥たちに、
別れを告げていました。
早くルフィに会って、ルフィの傷を治したいと思うチョッパーは、助けたヒナの親鳥に乗って、
シャボンディ諸島へと向かいます。
ですが、その途中でニュースクーから新聞をもらい、そこにまたルフィの記事が載っており、
その内容に驚きます。

ところ変わり、テキーラウルフでは、革命軍によって奴隷のように労働をさせられていた人々は、
解放され、ロビンは、革命軍のボス、ドラゴンに会って欲しいと言われます。
革命軍では、ロビンのことを「革命の灯火」と呼び、10年前からロビンを探していたという。
そして、ロビンを見つけ次第、ロビンを助けるよう指令を受けていたそうだ。
しかし、ルフィたちとの約束があるロビンは、革命軍に守ってもらわなくとも、自分には
仲間がいるとドラゴンに会うことを断り、シャボンディ諸島を目指す。
途中まで見送るという革命軍に途中でこの橋の建設の理由を尋ねると、天竜人の命令だとか。
その目的は不明ながら、どのような目的があったにしても、天竜人の命令である以上、
奴隷制度は変わらない。よって、革命軍が動いたようです。
そして、その直後、ロビンのもとにもルフィの新たなニュースが届きます。
しかし、ロビンはチョッパーと違い、ルフィの無事な姿を見て一安心し、そうしてすぐに
何かを理解したようです。

またところ変わり、モモイロ島(モモイロ・アイランド)カマバッカ王国では、サンジが、
シャボンディ諸島へと向かうため船を要求しているところへ丁度女王イワンコフが帰って来る。

エンポリオ・イワンコフと聞き、ルフィと行動をともにしていたことを新聞で読んだサンジは、
ルフィの状況をイワンコフに聞こうとするのですが、サンジがルフィの仲間と信じてもらえない。
何故なら、手配書がサンジに似ていないからです。
そこで、海賊らしく船を奪うこととし、イワンコフに決闘を申し込むのですが、
流石にイワさんは強さが半端ではなく、サンジではまるで歯が立ちません。
しかし、ルフィの情報を教えてくれることとなりました。何故なら既に新聞で発表され、
世間に知られているからです。
サンジが見た新聞には、その後のルフィの記事が書かれており、チョッパー同様に驚くサンジ。

イワンコフは、ドラゴンから通信が入り、白土の島バルティゴにいる革命軍の総司令官であり、
ルフィの父ドラゴンと話をする。
急な脱獄だったため、聞きたいことがたくさんあるというイワンコフに、近日中に、
世界中に散らばる幹部たちを集めて話をしたいというドラゴン。
バーソロミュー・くまの身に起こったことも伝えておきたいということでした。
そのドラゴンに、ルフィのことを、破天荒なところは父親譲りだというイワンコフ。
あのマリンフォードでの行動は何?
とドラゴンに問うイワンコフですが、ルフィはマリンフォードでいったい何をしたのか?

ここまでが、第510話 サンジの受難 王国へと帰還した女王!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/563-2e04fd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。