03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第563話 衝撃の事実!ホーディの正体! 

衝撃の事実!ホーディの正体!は、ワンピース(Onepiece)アニメの第563話です。
テレビアニメ、第563話 衝撃の事実!ホーディの正体!のストーリーのあらすじは、
魚人島の危機にホーディと戦う麦わらのルフィのもとへ、しらほしの兄、フカボシ王子から、
ホーディの正体がわかったと電伝虫で連絡が入る。

このフカボシ王子からの連絡は、期せずして魚人島の王国全土へと放送されることとなる。

それと言うのも、ノアの再びの落下の少し前、やっとネプチューン国王や広場へと、
右大臣、左大臣および魚人島の国の衛兵たちが駆けつけました。

右大臣は戦場となっているギョンコルド広場へと駆けつけ、あらぬ疑いをかけてしまった
麦わらの一味に敬意を持って戦いに協力するように兵士達に指示を出します。

左大臣は国王のもとへと駆けつけ、国の通信施設が使えなくなっており、
国民に避難警報も出せないことを伝え、国境警備隊と連絡を取ろうとします。
国境警備隊とは、ルフィとフカボシ王子がノアにシャボンを放出するように命じた者達です。
シャボンの準備に追われてなかなか左大臣のコールに応じることができなかった国境警備隊も、
やっと通信に応じることができるようになり、左大臣に状況を説明すると共に、左大臣の命令で、
唯一使える通信網である国境警備隊の通信で国中に避難命令を出すこととなりました。

これによって現在の状況が次第に国民たちにも明らかになっていきます。
一斉に外海へと避難を始める国民たちですが、人間で海賊であるルフィたちが、
魚人島のために戦ってくれているという状況に避難をためらう者たちも現れ始めます。

ギョンコルド広場でも、右大臣が戦いに参戦すべく、周りの観衆たちに避難を命じますが、
自分達のために命をかけて戦ってくれているルフィたち一味を置いて逃げることはできないと、
子供達が言い出し、周りの人々もそれに賛同します。
みな、ルフィたちに全てを託し、運命を共にする覚悟のようです。

その状況で、国境警備隊の通信がそのままONの状態のままになっていたため、
フカボシ王子からルフィへの通信も国中へと放送されることとなったのでした。

フカボシがホーディに対して、何故これほどまでにホーディたちが人間を憎むのか、
ホーディたちが人間によって、どんな酷い仕打ちや経験をしたかを問うも、
ホーディ・ジョーンズの答えは、「何もない」ということだった。

つまり、ホーディは、フカボシ王子いわく「環境が産んだバケモノ」だと言うのです。
ホーディたちの恨みには、体験と意志が欠如している。
実態のない怨念だけが作り出したバケモノがホーディ・ジョーンズと新魚人海賊団だった。
ルフィたちは、実態のない空っぽの敵を相手に戦っているのでした。

ここまでが、第563話 衝撃の事実!ホーディの正体!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/584-269e86aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。