07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

ONE PIECE エピソード オブ ルフィ ハンドアイランドの冒険 

ONE PIECE エピソード オブ ルフィ ハンドアイランドの冒険は、
2012年12月15日に放映されたテレビアニメオリジナルストーリーです。

エピソードオブチョッパーやエピソードオブナミとは違い、
単なる前のストーリーのダイジェスト版ではなく、ハンドアイランドの冒険というストーリーに、
ルフィとシャンクスの思い出の回想シーンや、ルフィとコビーの出会いの回想シーンなどが入った、
オリジナルストーリーです。

ONE PIECE エピソード オブ ルフィ ハンドアイランドの冒険のストーリーのあらすじは、
新世界に突入したルフィたち麦わらの一味は、海軍の軍艦の艦隊と戦闘中だったのですが、
その真っ只中に、上空から超巨大な砲弾が飛んできます。

その超巨大砲を撃ったのは、海軍の准将であるビリッチ准将でした。
超巨大砲ジョセフィーヌによって、味方の軍艦までも一気に砲撃してしまったのでした。

ルフィたちのサニー号は、もちろんクードバーストで脱出したのですが、
空を飛び着水するつもりが、島に突っ込み、島にサニー号が上陸することとなってしまいます。
その島は、超一流の職人たちが住む島、島の形も手のひらの形をしたハンドアイランドでした。

早速街へと買い物に出かけるルフィたちでしたが、街の店はどこも素晴らしい商品が並ぶものの、
品揃えが悪く、実は島の職人たちは海軍に労働者として連れて行かれているようでした。
さらには、町には砲撃の後もあります。

ビリッチ准将は職人たちを自分のために働かせて、能力者ではない自分でも、
いずれ海軍大将になるという野望を持った男でした。
そのビリッチ准将のもとに海軍本部から「補給艦」が到着しますが、その船に乗っていたのは、
大佐になったコビーと少佐になったヘルメッポでした。

コビーたち二人は、物資の補給ということでビリッチが責任者をする海軍基地に来たのですが、
本当の使命は、基地の査察でした。海軍本部はビリッチ准将に対して不信感を持っていたようです。

その頃、ルフィは山へと迷い込み、蝋細工職人のジエゴと出会っていた。
ジエゴの家は、ルフィたちがサニー号で着地した際に壊してしまったのですが、
詫びるルフィをあっさりと許し、ルフィに飯までご馳走してくれました。

ジエゴは実は海賊が大好きな男だったのです。
そして、ルフィに出会えたことを喜び、
ルフィのかぶる麦わら帽子が赤髪のシャンクスのものと知ると、ルフィにジエゴの宝を見せるという。

ジエゴに連れられて地下へと進むと(ジエゴの家には地下室があったのです)、そこには、
ジエゴが若い頃に出会った海賊たちの蝋人形があったのです。
(何故か白ひげやシルバーズ・レイリーは若い頃のものではなく最近の姿でしたが)
レイリーや白ひげ以外にも、白ひげ海賊団の面々の蝋人形があり、エースの人形もありました。
さらには、赤髪のシャンクス、副船長のベン・ベックマン、ラッキー・ルウの人形もあり、
シャンクスの人形を見たルフィは昔のことを思い出します。

テレビアニメでは第4話になるマキノさんの酒場でシャンクスたちに憧れ、山賊ヒグマとの
あの一件のあった、ルフィが麦わら帽子を託される話です。

ジエゴは自由に生きようとする海賊が好きで、自由に生きて名を残した海賊たちを、
蝋人形として形に残すことが自分の仕事だと思っている。

しかし、ジエゴの息子ヘジスは、蝋細工職人になることなく、ハンドアイランドの隣に、
島のように存在する海軍基地へと入り、海兵になっていたのでした。
ところが、そのヘジスは、ビリッチ准将のやり方に反対し、牢獄に閉じ込められていたのでした。

ビリッチは、自分が海軍大将になるために、島の職人たちを過酷な条件で労働をさせ、
さらには大砲の試し撃ちで、ハンドアイランドを砲撃していたのです。
それに反対をするヘジスをビリッチは水車の牢獄に閉じ込め、水攻めの刑に処していた。

このハンドアイランドはもともと白ひげの縄張りだった。
白ひげが島を守ってくれていたおかげで、職人たちは安心して腕を磨いていた。

しかし、2年前の頂上戦争で白ひげが死に、島は海賊たちによって荒らされたが、
海軍が沖に海軍基地を作ってくれたおかげで島に平和が戻ったのですが、
ビリッチが赴任してきたことで、島の職人たちは最新鋭の大砲を作るために、
その他の武器を作るために、ビリッチの口車に乗せられ、ある者は無理やりに、
ビリッチのもとで働かされていたのでした。

1年後には巨大な大砲が完成したのですが、その試し撃ちの標的がハンドアイランドだった。

ハンドアイランドでビリッチに対して反感を持つ者たちを砲撃し、その後、自分に反逆する者が、
現れないために作られたのが、超巨大大砲ジョセフィーヌだったのです。

そんな話をルフィたちにしているとき、ジエゴは、いてもたっても居られなくなり、
息子が始めて作った蝋人形の白ひげを、息子のヘジスへ届けると言い出すのでした。

それを見ていたルフィは、ジエゴの代わりに人形を届けると約束し、
ルフィを一人で海軍基地に行かせるのは心配だとくじを引いて、ウソップとサンジが、
ミニメリー号で同行することとなったのです。

その頃、ゾロは相変わらず迷子のままで、島で寝ていた。

コビー大佐とヘルメッポ少佐の二人も、ビリッチの悪行には気付き、何かを確かめるためと、
二人はルフィたちとは逆にハンドアイランドへと向かったのでした。

コビーはヘジスのことで話をするために、ジエゴのもとへと向かったのです。
そして、ジエゴの家に到着すると、その家がルフィたちによって壊されたことを聴き、
ルフィのことを「ルフィさん」と呼んだことから、ジエゴに関心を持たれ、
ルフィが自分の恩人であることや、ルフィとの出会いの頃の話をするのでした。

コビーが海賊、金棒のアルビダのもとで雑用係として働かされていた頃の話です。

その話を聴いたジエゴは感動して泣き、海兵のコビーを気に入ります。
ジエゴはヘジスを蝋細工職人にしたくて鍛え上げたが、ヘジスはそれを嫌がり、
今ではそのヘジスが海軍に入り、正義ぶっているかと思うとたまらないとコビーに愚痴を言います。

そして、ジエゴはコビーから、今はヘジスは牢に入れられているということを聴くことになる。

ルフィはヘジスに会いにきたと、海軍基地へ正面から入ろうとします。
海兵たちに追われながらも、ヘジスが牢に入っていることを知り、サンジとともに牢を目指す。

そして、ルフィは牢獄のヘジスに会うことができて、ヘジスに蝋人形を渡すことができたのですが、
その場を去ろうとするルフィの頭上から海楼石で出来た牢獄が降りてきて、
ルフィも捕らえられてしまい、そのままヘジスとともに海中へと沈められてしまいます。

ですが、運良くサンジも一緒だったため、サンジが海中で二人の牢獄を蹴り壊し、
ヘジスとルフィを救出します。そして、海上に出たサンジたちはウソップと合流した。

そこで、あらためてヘジスが作った人形を見て、ヘジスは自分が海軍になったいきさつを話す。
海賊を賛美するばかりの父親に反発して、ヘジスは家を出たのでした。

ヘジスの作った白ひげの人形は、父親であるジエゴが息子のヘジスを信じているという
メッセージだったようです。

そこで、ヘジスは自分の手であの巨大な大砲を破壊することを決意しますが、
丁度そのとき、ビリッチによってハンドアイランドへの砲撃が始まったのでした。

島への砲撃は、たまたま迷子になって街にいたゾロによって、砲弾は斬られ、街は救われます。

コビーは、ジエゴに何か仕事を頼み、
ルフィは、ヘジスとともに、サンジ、ウソップとともに再び海軍基地へと向かう。

海軍基地へと乗り込み、大砲を破壊しようとするヘジスを助けるルフィ、
海軍基地は大騒ぎになりますが、直にサニー号も海軍基地へと到着します。

麦わらの一味が勢ぞろいです。
そうして、麦わらの一味が海兵たちの相手をしている間に、ヘジスは大砲の砲身へと侵入し、
蝋細工に使う鋼鉄のように固くなる蝋を砲身へと詰めることで、大砲を暴発させます。

大砲と共に基地は大破し、職人たちも基地から逃げることが出来た。
基地が大破する際に、職人が瓦礫に押しつぶされそうになったところをコビーが救います。
コビーたちも海軍基地へと駆けつけたようです。

ところが、ビリッチは、大砲の暴発がヘジスの仕業だと知ると、ヘジスの作った蝋人形を、
熱に弱いからと燃やしてしまう。それを見たルフィが激怒します。

ルフィとビリッチとの戦いの始まりです。

ビリッチは超巨大砲のジョセフィーヌは破壊されたものの、
エリザベートという大砲型の武器に乗り、ルフィと戦います。
通常の砲弾であればゴム人間のルフィには通用しませんが、エリザベートの砲弾は、
時限式で爆発するため、ルフィにもダメージを与えます。

さらにエリザベートの速度はソルをも凌ぐという。

職人たちに作らせた武器を駆使してルフィと戦うビリッチの攻撃にルフィは苦戦を強いられるが、
ウソップ、サンジ、そしてコビーの援護もあって、ついにビリッチを仕留めます。

ビリッチがルフィに倒されると、海軍基地には、なんと海軍大将黄猿ことボルサリーノが、
登場するのでした。
そして、ビリッチを軍法会議にかけると言うコビーに、黄猿も同意し、島は救われた。

海軍基地に登場した黄猿は、もちろん蝋人形職人のジエゴが作ったニセモノです。

海軍大将の登場でルフィたちは急いで海軍基地を離れることとなり、コビーたちとの再会は、
出来ませんでしたが、さらに強くなりルフィたちを捕らえられるようになることを、
心に誓うコビーでした。

しかし、ルフィたちは島で迷子になっていたゾロをサニー号に乗せるのを忘れているのでした。

これが、アニメONE PIECE エピソード オブ ルフィ ハンドアイランドの冒険のあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/599-56b94149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。