07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第579話 上陸!燃える島パンクハザード 

上陸!燃える島パンクハザードは、Onepiece(ワンピース)アニメーションの第579話です。
いよいよ本格的に、アニメも新世界編へと突入です。
テレビアニメ、第579話 上陸!燃える島パンクハザードのストーリーのあらすじは、
グランドライン(偉大なる航路)の前半の海では想像も出来なかったほどの悪天候の中、
新世界をサウザンドサニー号で航海するルフィたち麦わらの一味でしたが、
前方に、燃える島を発見します。炎で赤く染まった海、火山が噴火する島。

「あの島(燃える島)に上陸だ!」と叫ぶルフィでしたが、ナミがそれを制止します。
それと言うのも、魚人島でもらった3つの指針のあるログポースのどの指針も、
その燃える島を指していないのです。

つまり、ただでさえ異常な新世界の島の中でも、特に異常な島だということになるわけです。

しかし、ルフィはナミの言うことを聞こうとしません。
ですが、島に上陸しようにも、島の近くはまさに火の海、海は魚の骨が大量に浮いています。

そんなときに、電伝虫が鳴り出しますが、尋常ではありません。緊急信号です。
ロビンの話では、電伝虫の緊急信号の信憑性は50%以下だという。
しかも、海軍が罠として良く使う手段でもあるそうだ。

しかし、ルフィはそんなロビンの忠告も無視して電伝虫に出てしまいますが、
出てみると、男が本当に助けを求めていました。

寒い
ボスですか?
仲間たちが次々に斬られていく
侍に殺される
助けて欲しい。ここは「パンクハザード」
といくつかの奇怪な言葉を残して斬られたようなのでした。

それさえも演技で罠の可能性があるというロビンでしたが、
侍(さむらい)という言葉にゾロが興味を示します。
侍とは、倭(わ)の国の剣士の呼び名です。スリラーバークの侍リューマの出身地です。
和の国は、よそ者を受け付けない鎖国国家で、世界政府にも加盟しておらず、
侍と呼ばれる剣士たちが強すぎて、海軍も近寄れないらしいとブルックが説明します。

しかし、緊急信号では、場所は倭の国ではなく、パンクハザードと言っていた。
子電伝虫ならば、念波の届く範囲は、目の前の燃える島の可能性が高い。

その頃、緊急通信の通話内容は、ルフィたちを新世界で待ち構えていたスモーカーたちによって、
盗聴されていました。海軍のスモーカー中将とたしぎ大佐、そしてG5の海兵たちです。
たしぎは、パンクハザードは「4年前の事故」以来、完全に封鎖され生物が住める環境ではないため、
誰もいないはずと言います。海兵たちも、パンクハザードは海軍と言えど立ち入り禁止だと、
スモーカーを止めようとしますが、「行ってみる価値はある」とスモーカーはたしぎたちを引連れ、
パンクハザードへと向かうこととなります。

一方ルフィたち麦わらの一味は、ルフィは島へ上陸する気満々で、フランキーにミニメリーを
出してもらおうとしますが、フランキー、ゾロ、ロビンも島に興味を持つものの、
他の仲間たちはサンジを除き断固反対です。
しかし、ルフィをひとりで行かせるわけにもいかず(何をしでかすかわからないため)、
ルフィのお供を公平にくじ引きで決めることとなります。

くじの結果、ゾロ、ロビン、そして怖がっていたウソップの3人が、
ルフィと一緒に燃える島へと上陸することとなった。

この2年で、ナミは空島のミルキーロードを作る技術も習得しており、火の海を越えるため、
ミルキーロードで橋を作り、そこをミニメリー号に乗ったルフィたち4人が進みます。

上陸を嫌がるウソップの意見を無視して、いよいよルフィたち4人は島へ上陸します。
上陸してみると、やはりそこは、先ほどの通信の通り、パンクハザードでした。
巨大な門があり、そこに「パンクハザード」と書かれていたのです。

そこは、海軍と世界政府のマークとともに、立ち入り禁止と書かれ、厳重に封鎖されていた。
しかし、ゾロが門を斬り壊し、中へと入ってみると、中もことごとく燃え盛っていました。

元々は何か政府の施設があったようですが、災害か事故かすべて壊れて燃えています。
島は燃え、熱いのですが、電伝虫の声の主は、「寒い」と言っていたことや、
ログポースが、この島を示さないことが気になるものの、先へと進むルフィたち。

その頃、ナミが島の上空に違和感を感じていました。上空の雲がおかしいと。
燃え盛る島の上空の雲は、向こうのほうは、逆にまるで極寒の地の雲のようだと言う。

そして、島へと上陸したルフィたちの目の前には、存在してはならないものが現れた!

空想上の生き物のはずの羽のはえたドラゴンがルフィたち4人の前に現れたのです。

ここまでが、アニメ第579話 上陸!燃える島パンクハザードのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/602-ce0c8a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。