07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第581話 一味騒然!衝撃の首だけ侍登場! 

一味騒然!衝撃の首だけ侍登場!は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第581話です。
テレビアニメ、第581話 一味騒然!衝撃の首だけ侍登場!のストーリーのあらすじは、
ゾロが斬り落としたドラゴンから、上半身が刺さって動けなくなっている人間を、
引き離そうとするルフィでしたが、ルフィが力一杯その人間の下半身を引っ張っていると、
人間の下半身だけが取れてしまったのです。

上半身が引きちぎれてしまったのかと、ルフィたちが驚いていると、下半身は、そのまま、
上半身がないにもかかわらず、動き出し、上半身がないまましゃべります。
さらには、不思議なことに、人間を引き剥がしたドラゴンのほうにも、人間が刺さっていた
跡のないことにロビンが気付きます。いったい何が起こっているのか?

人間の下半身は、上半身がないまま、その場を逃げ出したため、ルフィが追いかけるのですが、
ルフィが下半身を捕まえたときに、一緒に転げ落ち、何とその下半身は、
ルフィの背中にとくっついてしまったのです。まるでケンタウロスのようになったルフィ。

その姿を見て、ロビンは趣味が悪いと言うものの、ルフィは気に入っているようです。

先ほど倒したドラゴンを焼いて、食うことにしたルフィたちは、ドラゴン肉を食い終わると、
また移動を開始したのですが、今度はゾロが異様な光景を発見します。

燃え盛る島の中に湖があり、その向こうは、燃え盛るルフィたちの居る場所とは正反対に、
雪山か氷の山が並んでいる極寒の地のようなのです。

しかし、これで1つだけは謎が解けました。
ルフィたちに緊急通信をしてきた者が「寒い」と言っていたのは、彼らが湖の向こうにいる。
つまり、湖の向こう側の雪山が広がるほうにいるということになるようです。

ルフィは雪山のほうへと行く気満々です。ゾロやロビンも行こうとしますが、
ウソップだけは怖がって反対しています。ところが、先を急ぐルフィたちに置いていかれた
ウソップが、不思議なものを見るのです。

鳥のような人のような生き物です。
驚いたウソップは、ルフィたちの所まで慌てて駆けつけるのですが、そのときにはもう、
その鳥人間なのか、人間鳥なのかわからないバケモノは、いなくなっていたのでした。
島の半分が活火山と燃え盛る状態で、半分は雪に覆われた冬島のようなだけでも不思議ですが、
さらには、ドラゴンや下半身だけの人間に、鳥のような人間まで登場して、
パンクハザードは、まったく不思議な島のようです。

一方、その島の反対側の極寒の地域では、サニー号を襲った何者かたちが、サンジ、ナミ、
チョッパー、そしてフランキーを連行して、「マスター」に報告していました。

マスターと呼ばれた者は、ロギア系の能力者なのか、ガスか気体のような姿をしています。

ブルックだけは、仲間割れによって殺された白骨死体と間違われて連れて来られなかったようです。
そして、捕らえられた4人は、倉庫のような所へと閉じ込められてしまったのですが、
目を覚まし、状況を把握しつつ、困っていると、いきなりどこからか呼ぶ声がします。

チョッパーが、声のするほうへと行ってみると、小さなバラバラの塊がいくつかあり、
そのうちの1つがしゃべりだしたのです。「おぬしら、判じ物は好きか?」と。
判じ物とはパズルのことなのですが、そこに散らばる8つの小さな塊は、すべてその
声の主の顔だと言う。

どういうわけか、顔が8つにバラバラになり、口だけのパーツや目だけのパーツ、頭など、
まるでパズルのようになり、それがさらに生きてしゃべっているのです。

そのパーツを組み立てると人間の顔、つまり生首になるのですが、首だけで生きていて、
どうやら、武士と言っているところから、首だけの侍のようです。
首だけで生きていることに驚くナミたちでしたが、妙な術を使う者に斬られ、
そして斬られながらも生きている不思議な状態のようで、斬られて何故死なないのかは、
その首だけの侍もわかっていないようです。

一方、ルフィたちは、湖を渡ろうと進んでいたのですが、ルフィの背後から襲いかかる者がいた。
当然ルフィは、その攻撃をよけたのですが、その襲い掛かった者は、また不思議な生き物で、
下半身は豹のような4本足で、ケンタウロスのように上半身は人という姿なのです。

ですが、ルフィも4本足であるところを見て、仲間と思ったらしく、ルフィと打ち解けています。
そのケンタウロスのような豹のような奴の話では、ルフィを侵入者と間違えたとか。

しかし、さらにその後方では、双眼鏡で、ルフィだけではなく、ゾロ、ロビン、ウソップの
4人を侵入者として確認している者もいました。いったい何者なのか?

さらには、ルフィたち4人を侵入者と判断した者は、電伝虫で侵入者発見の報告をするのですが、
その報告を受けているのは、先ほどウソップが見た、鳥のような人間の女性だったのです。

不思議なことだらけの島、パンクハザードで、ルフィたちは、これからどうなるのか?

ここまでが、第581話 一味騒然!衝撃の首だけ侍登場!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/604-86c2fc5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。