06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第582話 驚愕!遂に明かされる島の秘密 

驚愕!遂に明かされる島の秘密は、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)の第582話です。
ワンピースアニメ、第582話 驚愕!遂に明かされる島の秘密のストーリーのあらすじは、
何者かの手によって連れ去られ、監禁されたサンジ、ナミ、チョッパー、そして、
フランキーでしたが、監禁された部屋には、斬られて首だけになり、しかも顔の部分まで、
バラバラになった侍がいたのですが、首を斬られて生きていることも不思議なら、
さらにパズルのようにバラバラでも生きてしゃべるところがまた不思議な侍でしたが、
サンジたちが海賊とわかり、急に態度が変わります「海賊は、吐くほど嫌いだ」と。

サンジたちが海賊でなければ、首だけとなって身動きできなかった侍は、ともにここから、
脱出を試みようとしていたようです。

しかし、海賊を嫌う侍は、海賊と行動をともにすることを拒否しますが、フランキーが、
ラディカル・ビームで部屋の頑丈な扉を破壊して脱出をする際に、サンジが侍に、
「何か」を感じ、(男気のようなものでしょうか?)責任は自分が取るからと、
首だけの倭の国の侍を、一緒に連れ出します。
侍は、氷の海を越えて、この氷の島に着いたようですが、息子を探しているという。

フランキーが扉を破壊したことで、敵に気付かれてしまい、その場を逃げ出すのですが、
前方に扉が見えてきます。その扉を侍の首を抱えたまま、サンジが蹴破ってみると、
驚くことに、その中にいたのは大勢の子供たちだったのです。
しかも、多くの子供たちは、子供でありながら、まるで巨人族の子供のような巨大さです。

一方ルフィたちは、死人と間違われてサニー号に取り残されたブルックからの通信を受け、
ナミたちが何者かに攫われたようであることを知ります。
もっとも、ルフィは、敵であるはずの豹の下半身をしたケンタウロスのような人間と、
すっかり友達になって打ち解けて遊んでいるのですが、ロビンがブルックの通信を受け、
状況は把握できました。

ブルックは動き出したところを、いきなり襲われたため、相手をすぐさま倒してしまい、
相手が何者なのかわかりませんが、目の前に巨大な建物があるとロビンに報告し、
ロビン、ゾロ、ウソップ、そしてルフィの4人の合流を待つこととなりました。

そして、ルフィと打ち解けていた豹のような人間も、味方からの通信でルフィが侵入者と知り、
攻撃してきますが、ルフィにあっさりやられ、そして加勢してきたキリンの下半身を持つ人間も、
ロビンによって倒されます。しかし、キリンの下半身を持った生き物は、CCと書かれた、
電伝虫を持っていたため、野生の生き物ではなく、何かの組織の者だとロビンは推理します。

不思議な生き物ばかりの炎の島パンクハザードの反対側、氷の島へとルフィたちは、
仲間たち救出のために、向うこととなります。ルフィはもちろん背中につけた、
下半身だけの人間「足まろ」(ルフィが、「足麻呂」と名付けた)とともに。

その頃、ナミやサンジたちが逃げ出した部屋では、防護服を着た者たちが集まり、
いったいどうやって、この頑丈な扉を破壊したのか不可解に思っていると、
そこに「マスター」が現れます。そして、破壊された扉を見て、
「あの、忌々しいベガパンクのパシフィスタのレーザーのようだ」と言い出します。

マスターのもとへは別の部下が、北西の海岸にG5の軍艦(スモーカーたちの軍艦)が、
接近中という報告をします。すると、軍の者たちを殺しては足がつくからと、
軍艦を追い返すため、島の周りに毒ガスを散布するように指示を出します。

マスターとは、いったい何者なのか?政府側でも海軍側でも、海賊でもないようです。

その頃、毒ガスに阻まれているスモーカーたちは、これ以上ガスの中を進めないと、
海兵たちは言うのですが、スモーカーは、いまだガスが充満しているほうが不自然だと言う。

それと言うのも、4年前にドクター・ベガパンクの化学兵器実験の失敗により毒ガスが島を覆い、
死の世界となったこのパンクハザードも、2年前には、有害な毒はなかったと言う。
そして、この島は、火も氷もない、何もない島だった。

だから、あの青雉(青キジ)と赤犬が、このパンクハザードを決闘の場に選んだのだそうだ。
島の天候まで変えてしまうほどの、大将同士の大喧嘩の舞台がここパンクハザードだったのです。

ここまでが、アニメ、第582話 驚愕!遂に明かされる島の秘密のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/605-c7a9858d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。