09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~ 

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~は、テレビアニメワンピース(ONEPIECE)の、
テレビアニメオリジナルストーリーです。

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~のストーリーのあらすじは、
新世界を行くルフィたち麦わらの一味でしたが、特別な危機もなく、平和に過していました。
ですが、もしものとき、「動かない」「不調」では話にならないと、船大工のフランキーは、
サニー号の装備のメンテに余念がありません。

そんなわけで、ウソップとチョッパーそしてブルックの三人が、シャークサブマー3号ジや、
ミニメリー2号に試乗して調子を確かめていたのですが、そんなとき、ブルックがふと、
ずっと気になっていたということを口にします。

ミニメリー号ということは、ちゃんとしたメリー号があって、それがモデルになっているのか?と。

そうでした。ブルックが仲間になったときには、既にメリー号からサニー号へと、
麦わらの一味の船が変わっていたのです。
そこで、麦わらの一味の中で、唯一メリー号を知らないブルックのために、
ウソップが、仲間の危機を救ってくれた「もうひとりの仲間」のこととして、
ゴーイングメリー号の話をして聞かせます。
それが、今回の「エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~」です。

ウソップの故郷シロップ村でカヤお嬢様からメリー号をもらったこと、
メリー号でリバースマウンテンを越えてグランドラインに入ったこと、
サンジが仲間になり、ナミが仲間になり、グランドラインではチョッパーとロビンが仲間になり、
さらにはビビやカルーといった仲間になったものの訳あって船を降りた仲間がいること、
そしてメリー号では空島にも行ったことなど話をします。そんな凄い船メリー号。

ところが、そこでウソップは沈黙します。悲しい過去を思い出したからです。

ですが、ウソップは「仲間の危機を救ってくれた『もうひとりの仲間』のことを聞いてくれ」と、
メリー号のことをブルックに話すのでした。

エピソードオブメリー ~もうひとりの仲間の物語~は、1時間45分少々のうち、
大半は、ウオーターセブンとエニエスロビー編のダイジェストです。

ウオーターセブン・エニエスロビー編のため、メリー号の話というよりも、
エピソードオブロビンという雰囲気にもなりがちでしたが、詳しくは、
W7(ウォーターセブン)編エニエス・ロビー上陸編エニエス・ロビー激闘編
をご覧下さい。

つまり、第312話 ありがとうメリー!雪に煙る(けぶる)別れの海までのダイジェストが、
今回のストーリーです。

関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/624-be53b0c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。