09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第601話 新世界激震 シーザー悪夢の実験 

新世界激震 シーザー悪夢の実験は、ワンピース(ONEPIECE)テレビアニメの第601話です。
テレビアニメ第601話 新世界激震 シーザー悪夢の実験のストーリーのあらすじは、
薬物中毒にした子供たちを飛行船を使って研究室へと連れ戻ったマスターことシーザーは、
子供たちに、すぐにビスケットルームへと戻るように指示します。そこにキャンディもあると。
そして、部下には、子供たちがビスケットルームに全員入ったら鍵を閉めて二度と出すなと命じます。
次々とビスケットルームへと向かう子供たちでしたが、その中でモチャだけが正気を取り戻し、
ナミたちのことを思い出し、ナミたちに助けを求めるのでした。

その頃、シーザーのガスタネットに倒されたナミとウソップは、なんとか意識を取り戻します。
ナミはサンジの身体だったため、その身体の頑丈さで助かったようです。

研究室のヴェルゴとモネのもとへと戻ったシーザー・クラウンは、実験を始めると言い出します。
そこに、シーザーとヴェルゴに倒されたルフィたちや、スモーカーとたしぎ、そして、
王下七武海のトラファルガー・ローも檻に入れられ捕まっています。

ローがヴェルゴにあっさりと負けたのは、シーザーとの契約により、
ローの心臓とシーザーの秘書モネの心臓を取り替えて、シーザーがローの心臓を手にしていたからだ。
そのローの心臓をヴェルゴが持っていたため、ローは手も足も出なかったということです。

そんなやり取りをしているうちに、秘書のモネによって映像の準備がなされます。

パンクハザードからの映像を見ている新世界のブローカーたちにスマイリーの説明がされます。
スマイリーとは、パンクハザードを壊滅させた毒ガス、H2Sガスそのものだということです。
そして、今回の実験では、4年前のH2Sガスの欠点を無くし完璧な毒ガス兵器として、
スマイリーが完成するという。その兵器の名前はシノクニです。

H2Sガスの場合は、壊滅的な被害を出したもののガスを浴びた者たちは弱りながらも、
安全な場所へと避難が可能だったのですが、シノクニには「ある効果」を持たせて、
そのような欠点を克服したと、シーザーは自信満々です。

マスターことシーザーが部下たちに運ばせた巨大なアメをスマイリーが食べれば、
スマイリーはそのとき、シノクニとなるということなのですが、
巨大なアメを配置した部下たちの乗る予定だった竜ソリは何故かソリが溶け出し、
(それもシーザーが薬品によって溶かしたものなのですが)
ソリに乗って逃げられなくなった部下たちに、シーザーは、防護服を脱いで逃げろと言います。

もともと毒ガスから身を守るはずの防護服もシノクニには役に立たないため、
脱ぎ捨てて身軽になってから全力で逃げるように部下たちに指示したのでした。

そして、部下たちだけでなく、同様にスマイリーに追われるゾロ、ブルック、サンジ、そして、
侍のきんえもん。彼らもまたスマイリーに追われて逃げていたのです。

そして、シーザーの部下たちやゾロの見ている前で、
さらに、その映像を新世界の闇のブローカーたちが見ている前で、
ついにスマイリーは、シノクニになるという餌のキャンディを食べたのでした。

ここまでがテレビアニメ第601話 新世界激震 シーザー悪夢の実験のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/626-bbbdcc76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。