10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第605話 たしぎの涙 G5決死の突破作戦 

たしぎの涙 G5決死の突破作戦は、アニメ、ワンピース(ONEPIECE)の第605話です。
テレビアニメ第605話 たしぎの涙 G5決死の突破作戦のストーリーのあらすじは、
シーザー誘拐のためシーザーを探すルフィ、子供たちを救出しようとするナミたちや、
海軍G5の海兵たちはR棟66番ゲートを目指して動き始めましたが、
ひとり子供たちに投与されたドラッグのことを調べるため、
マスターの近くにいたチョッパーも、ドラッグの構造などがわかり、
子供たちを助けるべく、マスターたちのいる場所から抜け出し、子供たちを捜して走ります。

一方、ルフィたちの動向に気づいたマスター、シーザーは、
ルフィたちの目的が脱出と推測し、そうだとすれば、R棟の66番ゲートへ向かうはずと、
ほぼ現状どおりの把握をします。

そこでシーザーが打った手は、部下たちを犠牲にしてでも、R棟へと続くB棟と、
現在ゾロたちがいるA棟との間の連絡通路を閉鎖し、その後にA棟を破壊することで、
A棟に取り残された者たちをシノクニで抹殺するという残酷なものでした。

しかし、そのシーザーの計画さえも、雑魚しか始末出来ないと判断したヴェルゴは、
スモーカーやローを抹殺すべく、ひとり行動を開始しました。

その頃、A棟では、G5の海兵たちがゾロたち麦わらの一味を捕らえようと交戦していました。
また、茶ひげはサンジたちがドラゴンを連れてきてしまったことを心配しています。
今は鎮静剤によって大人しいらしいのですが、研究所内にいるのは厄介かもしれないそうです。
ゾロ、ブルック、そして錦えもんに立ち向かう海兵たちに、手向かうなと警告するも、
一向に攻撃をやめないため、しびれを切らしたゾロがついに海兵たちに傷を負わせようとしたとき、
ゾロの刃を受け止めたのはたしぎでした。

たしぎは、ゾロたちに手出しすることなく先に行かせ、
さらに部下たちに連絡通路が閉じかかっていることを告げて、
B棟へと急ぐように指示をしたのでした。

必死でB棟を目指すゾロやナミたち、そして、たしぎやG5の海兵たちでしたが、
連絡通路のゲートは徐々に閉じ始めています。
さらには、追い討ちをかけるように、A棟の外壁が外側から砲撃されて、
A棟の内部にシノクニの毒ガスが侵入してきました。

最後尾となってしまったG5の海兵の一部は、次々とシノクニにやられてしまいます。
スモーカーの言いつけもあって、自分の命よりも部下の命を第一に考えるたしぎ大佐は、
逃げ遅れている部下たちに、先に行くようにA棟にとどまったまま指示を出していたのですが、
もう間に合わないと判断した取り残された海兵たちは、三人がかりでたしぎを担ぎ上げ、
ゲートの向こう側へとたしぎを投げ込んだのでした。

ゲートの向こう側ではゲートを抜けたG5の海兵たちがたしぎを受け止め、
海兵たちのアイドルでもある大佐ちゃんことたしぎを救った仲間たちに感謝の言葉を贈る。

もう完全に閉じてしまう寸前のゲートの隙間からは、シノクニによって固まりながらも、
「大佐ちゃんの後のことは任せたぞ」と言わんばかりにピースサインやガッツポーズを決める、
海兵たちの姿が見えたのでした。
その部下たちの気持ちと、部下たちを全員救えなかった悔しさから、涙するたしぎでした。

ですが、その様子もすべてシーザーには映像が届いており、
随分と多く逃がしてしまったことで次の手を打とうとしています。

ここまでがテレビアニメ第605話 たしぎの涙 G5決死の突破作戦のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/630-f85aebef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。