05« 2017 / 06 »07
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第623話 惜別の時 パンクハザード出航! 

惜別の時 パンクハザード出航!は、ONEPIECE(ワンピース)テレビアニメの第623話です。
テレビアニメ第623話 惜別の時 パンクハザード出航!のストーリーのあらすじは、
G5の海兵たちとも仲良く肩を組み、盛大に宴をしていたルフィたちでしたが、
先にたしぎが何人かの海兵を伴い、子供たちをタンカーで連れて行くことになります。

子供たちが無事に出航するのを見届けるまでは、
絶対ここを出航しないとナミとチョッパーが言うからです。

しかし、いよいよタンカーの出航の時となり、子供たちとの別れとなった時、
それまで仲良くしていたG5の海兵たちが態度を急変させ、
ルフィたちの前に横断幕まで立てて子供たちの目から隠すようにします。

さらには、海賊はゴミだとルフィたちを散々に罵倒し始めます。
その様子に、たしぎが「みっともない!」と辞めるように言うのですが、
G5の海兵たちは、こうして罵倒でもし続けないと、この無法者たち(ルフィたち)を、
好きになってしまうと言って泣き崩れます。

その海兵たちの様子に、たしぎは笑い、スモーカーは頭を抱えるのでした。

こうして、無事子供たちの出航も見届け、ルフィたちは、サウザンド・サニー号へと乗り込みます。
サニー号にはローと錦えもん、そしてモモの助も一緒です。
もちろん捕らえたシーザーも海楼石で捕縛したまま同乗させています。

ここパンクハザードで起こった様々な驚愕の出来事を胸に、
ルフィたちも、ルフィの号令でついにパンクハザードを出航することとなりました。

その頃、パンクハザードに向かっていたドフラミンゴは「空の道」が途切れていたようで、
パンクハザードへの到着が遅れていたのでした。
しかし、タンカーの救命ヨットに乗せられたバッファローとベビー5の首を発見します。
ローが悪魔の実の能力で頭だけを切り離したようです。そしてそこにはローの電伝虫もあった。

ドフラミンゴの到着に気づいたローは、電伝虫でドフラミンゴと交信し、取引を持ちかけます。
ローの持ちかけた取引とは、ドフラミンゴに王下七武海を辞めるようにしろということでした。
今、シーザーはローたちの手の中にあり、シーザーがいなければスマイルが作れない。
もしそれが四皇(よんこう)のカイドウに知られたらドフラミンゴのほうの命が危ない。
そこで、シーザーの身柄を引き渡す代わりに、王下七武海を辞めるようにと持ちかけたのでした。

その期限は明日の朝まで。新聞の朝刊に王下七武海をやめたことが報じられれば、
シーザーはドフラミンゴに返すというローの取引に激怒するドフラミンゴでした。

ここまでがアニメ第623話 惜別の時 パンクハザード出航!のストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/648-caba3a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | 2014/11/09 19:06

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。