10« 2017 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第630話 冒険!愛と情熱の国ドレスローザ 

冒険!愛と情熱の国ドレスローザは、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第630話です。
テレビアニメ第630話 冒険!愛と情熱の国ドレスローザのストーリーのあらすじは、
ついにルフィたちは、愛と情熱の国、ドレスローザに上陸しました。

ローがこれからのことを説明しようとしますが、ルフィはまったく聞いてはいません。
モモの助に乗って、空を飛んで行こうとしています。
ですが、モモの助は空を飛べないし、父親の言いつけにより国へは入らないと言います。

たしかにパンクハザードでは雲を生み出しながら空を飛んだのですが覚えていないようです。
さらに、モモの助は空を飛ぶことに何故か恐怖心があるようです。何かのトラウマのようです。

ルフィたちは3つのグループに分かれました。
工場破壊のグループとしてルフィ、ゾロ、フランキー、それに錦えもんも加わります。
シーザー引渡しにはローとウソップ、そしてロビンが陸路でグリーンビットを目指します。
サニー号はナミとブルック、チョッパーそしてサンジのはずでしたが、サンジはルフィたちと、
話の途中でさっさとドレスローザへと行ってしまっていたのでした。

また、ナミにはローたちにもしものことがあったときのためにと、
次に向かうゾウを指し示すビブルカードがローから渡されたのでした。

ここドレスローザを訪れたものは、いくつかのことに心を奪われるという。
1つは芳しい花々と、この国自慢の料理の香り。もう1つは女たちの情熱的な踊り、
そして、もう1つは、人々とごく自然に共存する命をもったオモチャたちの姿です。
ここは愛と情熱とオモチャの国。そしてルフィたちのいるのはその港町のアカシアです。

ルフィたちは朝刊の一面に顔が載ってしまったため変装し、早速レストランを見つけて入ります。
しかし、そのときゾロが妙な男に「このあたりに賭場がないか」と聞かれます。
盲目の男ですが、なにやら只者ではなさそうです。

レストランの中に入ったルフィたちですが、サンジは街があまりに平穏なことに疑問を持ちます。
国王が辞めたばかりだというのに、人々は何もなかったかのように落ち着いているのです。
朝刊が届いた直後の騒然とした国内を考えても非常に不思議です。

しかし、何もわからないまま料理が運ばれてきます。

そして、料理を運んできたオモチャの話では、この国には妖精の伝説があり、
何百年も前から信じられていて、妖精のことをドレスローザの守り神と呼んでいると、
また不思議なことを聞くのでした。

そうこうしているうちに、ゾロに声をかけた盲目の男がルーレットで15連勝をしていました。
賭場はこのレストランの中にあったようです。

しかし、15連勝したときに、なにやら怪しげな連中がルーレットのところに現れ、
他の客たちは換金に行かせ、盲目の男と1対1での勝負を持ちかけたのでした。
その後も、盲目の男はルーレットで当たり続けるのですが、男が盲目であるのを良いことに、
怪しげな男たちは、ウソを言い、盲目の男はどんどんと負けていってしまいます。

他の客たちも怪しげな男たちの不正に気づいているのですが、
怪しげな男たちはドンキホーテ・ファミリーの者たちのようで何も言えません。

そして、ついに盲目の男は有り金すべてを賭けて最後の勝負に出たのでした。

ここまでがアニメ第630話 冒険!愛と情熱の国ドレスローザのストーリーのあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/654-d2ded620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。