03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

ONEPIECE FILM Z (ワンピース・フィルム・ゼット) 

ONEPIECE FILM Z (ワンピース・フィルム・ゼット)は、第12弾の劇場版ワンピースアニメです。
劇場版(映画)の詳細なあらすじですから、少々長い文章になります。

ONEPIECE FILM Z (ワンピース・フィルム・ゼット)のストーリーのあらすじは、
新世界のファウス島にある海軍基地を、Z(ゼット)と名乗る者が襲います。

ゼットは、海軍にではなく、海賊に恨みを持っているようなのですが、
NEO(ネオ)海軍と名乗りアインとビンズの二人の部下と多数の軍勢で海軍基地を襲い、
その基地に保管されていたダイナ岩(ダイナがん)を強奪したのでした。

ダイナ岩は、古代兵器にも匹敵するほどの破壊力を持つ鉱物で、
破壊し、酸素と結合させることで巨大なエネルギーとともに爆発をするという危険なものです。

そのダイナ岩の奪取に成功したゼット率いるネオ海軍(NEO海軍)でしたが、
海軍の大将、黄猿ことボルサリーノの追撃にあい、黄猿との交戦中に、
ゼットはダイナ岩を起爆させ、大爆発を引き起こし、それがファウス島の大噴火へと発展し、
ついにファウス島を海に沈めたのでした。


魚人島を出航して、新世界を航行中のルフィたちは、サニー号の甲板で宴を行っていましたが、
突然空に暗雲が立ち込め、雲からは火山灰が降ってきたのでした。

異変はそれだけではなく、ナミの持つログポースにある3つの指針のうちの1つが、
さっきまでの方向を失い、大きくブレはじめたのです。

つまり、ブレはじめた指針はファウス島を指していたわけですが、
その島自体がゼットによって爆破されてしまったため、指針を失ってしまったわけです。
空から降ってくる火山灰もファウス島の大噴火によるものです。

当然それに危機を感じたナミとウソップは、ファウス島への進路を避けようとしますが、
それをルフィが見逃しません。ログポースが大きくブレる危険な島に興味津々で、
その方向(ファウス島)へと進路を取ることになってしまいます。

しかし、ファウス島へと向かう途中で、ダイナ岩の爆発に巻き込まれ、
意識を失った状態で漂流するゼットを発見します。

ゼットの右腕には、海楼石で作られた巨大な武器が装着されていたため、
ルフィたち能力者にとっては明らかに危険な人物だと思われたのですが、
怪我人をそのまま見過ごせないと言うチョッパーの言葉に、ゼットを介抱することとなります。


チョッパーの治療によってゼットは目を覚ますのですが、
見聞色の覇気が扱えるゾロとサンジも気づくほど、彼(ゼット)は只者ではないようです。

そして、目を覚ました直後は、ゼットはルフィたちとも和やかに話をして、
ゼットの右腕にあるのは、海軍の科学者がつけた兵器でバトル・スマッシャーといい、
海楼石で出来ていて、強力な火力で一気に敵を叩き潰すという説明を聞いたりしていたのですが、
ルフィたちが海賊であるとわかると、急に敵意をあらわにしてルフィたちに襲い掛かります。

さらには、ゼットが持っていたビブルカードを頼りに、ネオ海軍もサニー号へと到着し、
ネオ海軍の旗艦ホワイトタイガーから幹部のアインとビンズもサニー号へと降り立ったのです。

サニー号の中では、ゼットと幹部たちが大暴れしての大乱戦となります。

アインは、モドモドの実の能力者で、手から放たれる光に触れたものを若返らせる力があり、
1度触れると12年間若返ってしまいます。
アインは複数回触れることでさらに時間を戻すことができるため、
生まれて12年未満のものに触れるとその存在を消滅させてしまうという能力者だったのです。

そのアインの能力で、ナミ、ロビン、チョッパー、ブルックの4人は、
みな12年分、年齢を戻されてしまいます。

また、ゾロとサンジは、ビンズのモサモサの実の能力によって動きを封じられてしまいます。

モサモサの実の能力とは、植物の成長を自在に操り、操作する能力で、それによって、
敵を拘束したり、自分を守ったりすることの出来る能力です。

そのビンズの能力で、ゾロたち以外にフランキーやナミたちも捕まってしまいます。

ゼットと戦っていたルフィも、海楼石で出来たバトル・スマッシャーによって拘束され、
スマッシャーの攻撃を受けて、ゼットに敗北してしまいます。

そして、サニー号はネオ海軍の軍艦からの集中砲火を受けて、崩壊寸前にまで追い込まれますが、
何とかクードバーストでその場から飛び去り、一旦は逃げることになったのでした。


その頃、海軍では本部でネオ海軍についての会議を行っていたのですが、
新しい元帥のサカズキは、ゼットとネオ海軍を討伐するようにと命令を下したのでした。


ネオ海軍からの攻撃を逃れて、ドック島に到着したルフィたちは、
ドック島の造船会社「シマナミカンパニー」の船大工、モブストンの協力もあって、
フランキーがサニー号の修理をすることになります。

フランキー以外の一味の者たちは、年齢を戻されてしまったナミたちのため、
再度ゼットたちと戦うために、海列車を使って隣の島であるセカン島へと渡ります。

顔の割れているルフィたちは、セカン島では温泉に身を隠し、
ロビンとナミ、ウソップ、チョッパーで酒場に潜入しての情報収集をすることとなります。


温泉でナミたちを待つルフィたちの前に、なんと元海軍大将のクザンが現れるのでした。


クザンは、ルフィたちを待っていたようで、今ゼットがここセカン島にいることを伝えます。
そして情報収集をしていたナミたちもまた、ゼットが島にいることやゼットの目的を知ります。

ゼットはこのセカン島も破壊しようとしているようで、ダイナ岩を仕掛けています。
そのゼットたちに、再び戦いを挑むルフィたちでしたが、ゴム人間であるルフィは、
ゼットの武器でも弾丸は効かないと油断したため、それまで互角の戦いをしていたものの、
油断した際に、ゼットから海楼石の弾丸を撃ち込まれてしまい、スマッシャーの前に再び敗れます。
さらには、麦わら帽子もゼットに奪われてしまいます。

そうしてゼットは、セカン島もダイナ岩の爆発によって崩壊させてしまうのでした。
ゼットに再度敗れてしまったルフィたちは、逃れる際にクザンが力を貸してくれたおかげで、
何とかセカン島からは脱出することが出来たのでした。


その頃、海軍のガープ中将は、コビーとヘルメッポに、ゼットの過去を語っていました。
ゼットは本名をゼファーと言い、誰よりも海軍の正義を信じた男だったという。
そして、若くして海軍大将にまで登りつめた男だったのです。

つまり、ゼットは元海軍大将だったのです。

しかし、家族をゼファーに恨みを持つ海賊に殺されてからは、大将を辞退し、
海軍の教官となって、現在の海軍大将や中将たちを育ててきたのでした。

ところが、あるとき、新兵たちと一緒にいるところを、能力者の海賊に襲われ、
ゼファーは右腕を切り落とされ、新兵たちもアインとビンズ以外は全滅させられたのでした。

現在のネオ海軍の幹部であるアインとビンズは、そのときの唯一の生き残りというわけです。

その後もゼファーたちは海軍に残っていたのですが、自分の右腕を切り落とし、
教え子たちの仇である「その海賊」が、王下七武海になったことで、
(「その海賊」が誰なのかは映画でも明らかにしていません。ドフラミンゴ?)
ゼットは海軍の正義に絶望して、アインたちとともにネオ海軍を組織したのだということです。


クザンは、ゼットの教え子たちの墓標の所でゼットと再会しますが、
ゼットを止めることは出来ないとわかったため、全てをルフィたち麦わらの一味に託すことにする。

クザンは、ゼットと別れた後、麦わらの一味のところを訪れ、ゼットの計画を教えて、
ゼットの最後の目的地であるピリオ島への永遠指針(エターナル・ポース)を渡すのでした。


クザンによれば、ゼットの計画は、
新世界の海ごと海賊を抹殺する新世界殲滅作戦「グランリブート」と呼ばれるもので、
3つの火山島であるエンドポイントをダイナ岩で破壊することで、
新世界を焼き尽くすほどの大破局噴火を引き起こすというものでした。

もちろん、これによって無関係な新世界に住む一般市民も巻き添えになってしまいますが、
ゼットは新世界の海賊を一掃することと、海賊たちの目的であるワンピースを無くすことで、
この大海賊時代に幕を下ろそうとしているということです。

事態の全貌を知ったルフィですが、ルフィにとっては新世界のことや計画のことはどうでもよく、
ただ単純に、ナミたちの年齢と麦わら帽子を取り戻すため、ピリオ島へと向かうことになります。


ピリオ島は、ゼットにとって最後の破壊すべきエンドポイントであり、
ここを破壊されては新世界全体が惨劇となるため海軍も全力で阻止しようとします。

従って、ピリオ島へと向かうルフィたちはゼットたちネオ海軍と全面対決となりますし、
仮にゼットたちに勝利できたとしても、強力な海軍が待ち受けているわけです。


そのピリオ島へと向けて出航するにあたり、ドック島のモブストンからは、
かつてゼットによって自由を奪われた海賊たちの装備品をもらい、それを装備し、
モブストンの造船会社で働くヒーローに憧れる少年、ガリの声援を受けて、
最後の戦いへとルフィたちは向かうのでした。


ピリオ島へと到着したルフィたちは、ゾロはアインと戦い、サンジはビンズと戦います。
ナミたちは他のネオ海軍の軍勢を撃破していきます。

しかし、ピリオ島にはネオ海軍の持つパシフィスタの改造型PX-Zの軍勢もいたのでした。
パシフィスタのPX-Zは、フランキーがフランキー将軍と自分のラディカルビームで撃破し、
ゾロもアインを倒すことで、ナミたちは元の姿を取り戻し、サンジもビンズに勝利します。


三度目の対峙となるルフィとゼットは、壮絶な戦いの後に、
ついにルフィがゼットのバトル・スマッシャーを破壊します。

そして、ルフィが自分の信念を貫く生き様を目の当たりにしたゼットは、
かつて黒腕(こくわん)と称された両腕(武装色の覇気)で、ルフィに最後の戦いを挑みます。

武装色の覇気を纏った両者の激しい殴り合いの末、ついにルフィはゼットに勝利するのでした。

ルフィに敗れたゼットですが、ルフィと戦ったことで今までの恨みも消えて気が晴れたようです。

しかし、その場に海軍大将、黄猿が率いる海軍の大部隊が現れます。中将も名立たる面子です。
そこで、ゼットはルフィたちを逃がすため、ひとり海軍に戦いを挑みます。

さらには、クザンによって、ゼットとルフィたち(アインやビンズも)とゼットの間には、
氷の壁が作られたため、ゼットはここを自分の死に場所と決めて、自分に落とし前をつけるべく、
クザンに感謝しながら、かつての教え子である海兵たちと戦い、壮絶な最期を遂げるのでした。

その間にルフィたちは、その場から逃れ、セットされていたダイナ岩はクザンによって凍結され、
ピリオ島の爆破も阻止されました。


最後、ゼットの墓標の前で泣くアインとビンズに対してクザンは泣くなと言い、
「男が自分の人生に一本筋を通していったんだ。かっこいいじゃねえか」とゼット賞賛します。

ゼファーは少年時代、自らを正義のヒーロー、ゼットと名乗り、ヒーローに憧れていたのでした。


以上が、劇場版アニメ、ONEPIECE FILM Z (ワンピース・フィルム・ゼット)のあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/680-bfab4c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。