06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第672話 最後の光 我らが隊長の秘密! 

最後の光 我らが隊長の秘密!は、ワンピース(ONEPIECE)アニメの第672話です。

テレビアニメ第672話 最後の光 我らが隊長の秘密!のストーリーのあらすじは、
SOP作戦が失敗し、シュガーにタタババスコで作ったグレープを食べさせられず、
最高幹部のトレーボルは怒り、シュガーは予想外に強く、トンタッタの戦士たちのピンチです。

トンタッタのレオたちは、トレーボルのべたべたに捕らえられてしまい、
しかも、あのべたべたは可燃性だということで、大爆発でレオたちは傷ついてしまいます。

さらには、正直者のレオの性格を利用されて、おもちゃの兵隊やウソップたちとの関係など、
いろいろなこともトレーボルたちにわかってきてしまいます。

しかし、レオたちは、隊長、つまり、あの片足のおもちゃの兵隊がいる限り、
必ず作戦を成功させないといけないと言います。

その頃、コリーダコロシアムでは、レベッカが最高幹部のディアマンテに挑んでいました。
決して自分からは攻撃をすることのないレベッカが、ディアマンテに対して攻撃をしたのです。

しかし、当然のようにディアマンテは強く、レベッカはディアマンテによって傷つきます。
バージェスと戦闘中でレベッカまで助けられないルーシーは、
バルトロメオにレベッカを守るように頼むのでした。

一方、幹部のラオGによって苦戦を強いられていたオモチャの兵隊たちは、
ピーカが暴れたことで、おもちゃの兵隊たちのいる場所も足場が揺れたため、
その隙を狙って、トンタッタの戦士たちがラオGを抑えて犠牲となっている間に、
残りのトンタッタの者たちがおもちゃの兵隊を先へと運びます。

トンタッタの者たちの希望は、このおもちゃの兵隊のようです。
何故、トンタッタの者たちは、この兵隊をこれほど信頼して希望を託すのか?
レオたちのSOP作戦が上手くいったとしても、ドフラミンゴを討てなければ、
何も変わることはなく、そして、ドフラミンゴを討てるのは隊長しかいないと言います。

その頃、重傷を負ったレオから、ウソップは隊長の、つまり、おもちゃの兵隊の秘密を聞きます。

10年前、隊長がおもちゃの兵隊に変えられたとき、
それがドレスローザでの最初のおもちゃで、そのとき、シュガーは、たった1度だけミスをして、
命令に服従するための契約をしなかったということです。

そのおかげで、隊長はおもちゃになって人々の記憶からは無くなっても、
隊長自身は、命令に従うことなく、一人で今までドンキホーテファミリーと戦ってきたのです。

そして、SOP作戦が成功して、隊長がおもちゃの兵隊から人間に戻ったとき、
ドフラミンゴを討つことが出来る可能性があるのは、隊長だけだということです。

それというのも、人間だった頃の隊長は、
ドレスローザでかつて誰もがその存在を知っていた、
コリーダコロシアムの歴史上最強の戦士、キュロスだったのです。

あのレベッカが話をしていた伝説の剣闘士キュロスこそ、おもちゃの兵隊の正体だったのでした。

ここまでがアニメ第672話 最後の光 我らが隊長の秘密!のストーリーのあらすじです。

関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/700-d9a2bd61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。