04« 2017 / 05 »06
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第679話 颯爽登場 革命軍参謀総長サボ! 

颯爽登場 革命軍参謀総長サボ!は、アニメ(ONEPIECE)ワンピースの第679話です。

テレビアニメ第679話 颯爽登場 革命軍参謀総長サボ!のストーリーのあらすじは、
地下の交易港では、ゴッド・ウソップと崇められたウソップの命令によって、
おもちゃから戻った戦士たちが、スマイル工場の破壊とトンタッタの者たちの救出を始めました。

その頃、メラメラの実を食べたルーシーは、火拳によってリングもろとも地盤を砕いて、
レベッカとともに、地下の交易港へとたどり着いていました。
そのルーシーを追って、革命軍のコアラも地下へと降りてきます。
そしてルーシーたちは、ハックと合流したのですが、そこへバルトロメオも合流しました。

事態が飲み込めないレベッカは、ルーシーに何者なのか聞きますが、
そのレベッカの問いに、遂にルーシーが正体を明らかにします。

最初の頃のルーシーは、もちろんルフィだったのですが、
今のメラメラの実を食べたルーシーは、革命軍の参謀総長のサボだったのです。
革命軍のナンバー2で、ルフィのもう一人の兄のサボです。
幼い頃に、死んだと思われていたサボは、革命軍として生きていたのでした。

サボたちのところへは、ウソップとともにロビンも駆けつけて、
ロビンはコアラたちと再会を喜んでいました。
ロビンは、あの2年間は革命軍にいたため、サボやコアラ、ハックを知っていたのです。

一方、王宮では、ドフラミンゴの首を撥ねたキュロスが、ドフラミンゴの部下のバッファローや、
ベビーファイブを相手に大暴れしています。

その場にルフィとヴィオラも駆けつけて、ルフィたちはローを救出しようとします。

ローはルフィに同盟はもう終わったため、自分を助ける必要はないと言いますが、
ルフィがローの言葉を聞くはずもありません。
しかし、ローの手錠が海楼石で出来ているため、鍵はあるもののなかなか外せずにいるうちに、
なんと、あの首を撥ねられたドフラミンゴが笑い出し始めたのです。

いったいどういう体なのか、首を斬られてもドフラミンゴは死ぬことなく、
ひとしきり高笑いをしたかと思うと、ドフラミンゴは、マズイ事態になったため、
「鳥カゴ」を使わざるを得ないと言うのでした。

鳥カゴとは、いったい何なのか?
その「鳥カゴ」という言葉を聞いて、ローの表情に恐怖の戦慄が走るのでした。

ここまでがテレビアニメワンピース(ONEPIECE)、
第679話 颯爽登場 革命軍参謀総長サボ!のストーリーのあらすじです。

関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/707-d0d4fdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。