07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第682話 敵陣突破 ルフィ・ゾロ反撃開始 

敵陣突破 ルフィ・ゾロ反撃開始は、アニメ(ONEPIECE)ワンピースの第682話です。

テレビアニメ第682話 敵陣突破 ルフィ・ゾロ反撃開始のストーリーのあらすじは、
ドフラミンゴを討つというルフィに、ローは苦言を呈します。

もともとルフィたちの作戦は、スマイル工場を破壊して、
ドフラミンゴに四皇のカイドウをぶつけることだったのですが、
ルフィたちがドフラミンゴを倒してしまっては、四皇の怒りはルフィたちに向かいます。

つまり、怒れる四皇と直接戦うことになるのは得策ではないとローは言うのですが、
ルフィは「そんな先のことはどうでもいい」と言います。
今、自分がここで止まってどうするんだと言って、ルフィはゾロとローを抱えたまま、
まっすぐに飛び降りていってしまいます。

ローは海楼石の手錠がついたままですが、その鍵はヴィオラが探すことにして、
ルフィはそのままの状態でローを連れ出してしまいました。

その頃、街では暴徒となった人々を海軍が抑えようとしていました。
そして、中将たちは正体がわかったドフラミンゴを捕らえようと考えますが、
海軍大将の藤虎は、それを許しません。あくまでも標的は麦わらの一味です。

ところが、ドフラミンゴは最高幹部たちを王宮に招集して、
利用し終わったら、海軍大将の藤虎も消すようにと指示を出していたのでした。

街へと飛び降りたルフィたちは、丁度、セニョール・ピンクやデリンジャーたちのいる
真っ只中へと落ちてきてしまいました。
セニョールやマッハバイスの攻撃をなんとかかわしたルフィたちですが、
次に懸賞金目当ての海賊たちが襲い掛かります。

海賊たちを倒したら、今度はドレスローザの国民たちが行く手を阻んだのです。
一般人を傷つけるわけにもいかず、ルフィが覇気を使って倒そうかとしていると、
なんとルフィたちの前には、海軍大将の藤虎が現れたのでした。

ここまでがテレビアニメワンピース(ONEPIECE)、
第682話 敵陣突破 ルフィ・ゾロ反撃開始のストーリーのあらすじです。

関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/710-b740a9f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。