04« 2017 / 03 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第685話 快進撃!ルフィ軍団VS(たい)ピーカ! 

快進撃!ルフィ軍団VSピーカ!は、ONEPIECE(ワンピース)アニメの第685話です。

テレビアニメ第685話 快進撃!ルフィ軍団VS(たい)ピーカ!のストーリーのあらすじは、
ピーカの巨大な左腕は、首領(ドン)・チンジャオとエリザベローⅡ世によって破壊され、
ドンキホーテファミリーの手下たちは、コロシアムの曲者軍団によって蹴散らされています。

しかし、ピーカは再び、残った右手でルフィたちに向けてパンチを放ってきたのでした。

そのピーカの攻撃に、チンジャオとエリザベローは再度立ち向かおうとするのですが、
ピーカの能力の仕組みがわからない以上は、何度破壊しても再生してしまうため無駄だと、
ゾロが二人を止めます。

仕方なく、ピーカの攻撃を避けて進撃を続けるルフィと曲者軍団でしたが、
ルフィは、ウーシーに乗って、ピーカの振り下ろしたパンチの上に飛び乗って、
なんと、ピーカの右腕の上を進んでいたのでした。

その頃、ロビンたちは、ウソップ、レベッカ、ハック、バルトロメオとともに、
ロビンの能力を使って、かつての王の台地へと到着していました。

また、海軍は、コロシアムの名立たる戦士たちがルフィとともに行動していると知って、
ルフィと曲者軍団たちのもとへと集結を開始したのでした。

ルフィはと言えば、ローとゾロ、そしてアブドーラとジェットとともにウーシーに乗って、
ピーカの右腕の上を快進撃していたのですが、そのルフィたちに向けてピーカは、
破壊された左腕を再生させて、パンチを放ったのです。

ルフィたちはピーカの腕の上のため、もう逃げ場がないかと思われたそのとき、
ルフィはギア3を武装色の覇気で硬化させた大技、
ゴムゴムの灰熊銃(グリズリー・マグナム)でピーカの頭部を粉砕したのでした。

しかし、頭部を破壊したと言っても、ピーカにとっては本体ではなく単なる石像ですが、
ルフィの攻撃によって、ついにピーカ本体がルフィたちの行く手に現れたのです。

ピーカは巨大な刀でルフィたちに斬りかかったのですが、
そこはゾロがピーカの一太刀を受け止めて、ピーカはゾロが相手をすることにして、
ルフィはそのまま先へと進むのでした。

ここまでがテレビアニメワンピース(ONEPIECE)、
第685話 快進撃!ルフィ軍団VSピーカ!のストーリーのあらすじです。

関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/713-ecdb9541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。