03« 2017 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第693話 小人の姫 囚われのマンシェリー 

小人の姫 囚われのマンシェリーは、テレビアニメONEPIECE(ワンピース)の第693話です。

テレビアニメ第693話 小人の姫 囚われのマンシェリーのストーリーのあらすじは、
トンタッタ族の者達の活躍で、ついにフランキーがスマイル工場へと入ることができたのですが、
トンタッタ族の姫、マンシェリーの姿が工場内のどこにもないことに気づきます。

それだけでなく、フランキーの侵入に、工場長のキュイーンが激怒しました。
さらには、フランキーの背後から、騙されたことに怒るセニョール・ピンクも迫ります。

しかし、フランキーは工場長を抱えて、セニョール・ピンクと激突させて同士討ちにして、
セニョール・ピンクに反撃しました。
今度はスマイル工場の内部で、フランキーとピンクの戦いが再開されたのでした。

その頃、ロビンとレベッカ、そしてバルトロメオは、2段目へと到達するところでしたが、
レベッカとともにいるトンタッタのレオのもとへ、マウジイから電伝虫で連絡が入ります。

もちろん、マウジイからの連絡は、工場内にマンシェリー姫がいないという連絡ですが、
その連絡は、同時にリク王の耳にも届き、リク王は、ヴィオラの千里眼で探させます。

工場にマンシェリー姫がいないとしたら、後は王宮しか考えられないというリク王は、
王宮の隅々までを、ヴィオラの千里眼で捜索させたのでした。

そうしている間にも、ドレスローザの国民たちが、リク王とウソップのいる王の台地へと、
どんどんと迫ってきていたのですが、ウソップたちのいる場所には、
あの錦えもんと、カン十郎も到着して、ウソップたちに合流しました。

しかし、錦えもんとカン十郎が王の台地へと来る際に、
国中の人々が王の台地を目指して進んでいたため、
事情を知らないカン十郎は、困っている人々のため、描いたものを実体化させる能力で、
下から足場の無い王の台地までの網を張ってきたのでした。

そして、カン十郎は、ウソップから余計なことをしたと怒られていたのですが、
ウソップたちが、そんな騒ぎをしている間に、ヴィオラは王宮内を隅々まで捜索して、
ついに、囚われているトンタッタ族の姫、マンシェリーの姿を発見したのでした。

ここまでがテレビアニメワンピース(ONEPIECE)、
第693話 小人の姫 囚われのマンシェリーのストーリーのあらすじです。

関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE(ワンピース)アニメあらすじ - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/721-b003cf3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。